1. ホーム
  2. 歯のコラム
  3. ≫タバコのヤニ(黄ばみ)を取って歯を白くするためには

タバコのヤニ(黄ばみ)を取って歯を白くするためには

最近、歯のホワイトニングが話題でヤニの黄ばみ、ステインを除去しようとする人が増えてきました。しかし、ホワイトニングは最近良く聞くけど実際にはどうやったらいいのかわからないという方も多いですよね?

実際に、間違った知識で自宅でヤニの黄ばみ、ステインを除去して余計にタバコのヤニが付きやすくなり黄ばみにつながったり、知覚過敏や歯石が付きやすくなるケースは多いです。

このページでは、

  • 研磨剤入り歯磨き粉が良いんじゃないの?
  • 重曹での歯磨きには大きな欠点がある
  • 歯医者のホワイトニングのデメリットは?

など、間違っているヤニ取り方法を見ながら正しい方法を紹介します

実はほとんどの歯のヤニ取り方法は間違っている

間違い1.歯のヤニを重曹や塩で歯磨きして取ろうとする

もっとも間違いで多いのが重曹や塩で歯磨きをする方法です。

重曹は掃除などで良く使われており汚れを綺麗にすることができる大変便利です。しかし、重曹や塩というのは研磨の効果が高いので1回ならそこまで問題はないですが何回も使ううちに歯は削れていき黄ばみ、ステインが余計につきやすくどんどん取れにくくなっていきます。

また、重曹も食用と工業用の2つの種類に分かれています。重曹や塩で歯のステインの除去をするのはおすすめできませんが、万が一利用する場合にもしっかりと体内に入れても大丈夫な重曹を選ぶようにしてください。

歯が削れ知覚過敏などの症状が出るので重曹や塩で歯を磨くのは辞めてください!

間違い2.大量の研磨剤入り歯磨き粉で歯のヤニを取ろうとする

研磨剤の入った歯磨き粉で長い期間歯磨きをする方法は避けた方が良いです。

ひどくないヤニの歯の黄ばみは研磨剤の入った歯磨き粉で白く綺麗にすることは可能です。しかし、歯というのは固いようで実はそこまで硬くないので研磨剤入りの歯磨き粉で長期間磨き続けてしまうと歯表面のエナメル質が削れ知覚過敏などの原因になります。

また、タバコのヤニの黄ばみというのは他の着色汚れに比べて頑固です。タバコをやめない限り歯磨き粉というのは歯を漂泊する成分が入っているわけではないので、歯磨きでケアをしても歯を継続的に白くすることはできないため注意が必要です。

歯磨き粉だけでヤニのこびりついた歯を白く綺麗にするのは難しいです!

間違い3.硬い金属などで歯をガリガリしてヤニを削ろうとする

金属など硬いものを使って自宅でがりがりするのは辞めましょう。

画像はスケーラーと言って歯医者などで広く使われている歯石などを除去する器具です。スケーラーでヤニの黄ばみを多少取ることはできますが、素人が自宅でがりがりこするとひどく傷がついてしまう可能性があるので注意が必要です。

歯医者ではスケーラーの後に歯の傷を滑らかに研磨しているので、歯に傷がなくなり歯のヤニや黄ばみが付きにくくなります。しかし、自宅で自分でやるとスケーラーの後の研磨ができないので余計に歯にヤニや歯石が付きやすくなります。

自宅でスケーラーなどの金属でヤニを取るのは注意が必要です!

間違い4.歯のヤニを電動歯ブラシでごしごしする

歯のヤニを電動歯ブラシで集中的に洗うのも避けた方が良い方法です。

電動歯ブラシは人間の手で歯磨きをするよりも高速で磨いてくれるので短時間で歯を綺麗に磨けます。しかし、その一方で柔らかい歯は高速で動く歯ブラシの摩擦でどうしても削られてしまうので、ヤニの黄ばみを取るために集中的に磨くのはおススメできません。

毎日の歯磨きに電動歯ブラシを使うのはほとんど問題はありませんが、タバコのヤニの黄ばみ取りのために集中的に長い時間磨くのは歯を削って余計に黄ばみが付きやすい原因にもなるので注意をしてください。

歯のヤニを取るために集中的に電動歯ブラシで磨くのは避けてください!

間違い5.メラミンスポンジで歯のヤニを削ろうとする

最後に激落ち君などのメラミンスポンジでヤニをこする方法です。

激落ち君などのメラミンスポンジのメラミンは非常に硬いプラスチックで作られています。そのため、メラミンより柔らかい組織で作られている歯は硬いメラミンスポンジでこすられるとかなり削られてしまい知覚過敏、ステインが付きやすくなる原因になります。

また、メラミンスポンジは水だけで綺麗に汚れを落とせるように作られていまうす。スポンジに洗剤や重曹などの薬品が入っていることもあるため口の中に入れるのはおすすめできないので辞めるようにしてください。

歯のヤニをメラミンスポンジで落とすのは絶対に辞めてください!

歯のヤニ、ステインを正しく取る

そもそも歯にヤニ・ステインが付着する仕組みとは?

歯の表面はペリクルという唾液から分泌されるたんぱく質に覆われています。このペリクルは歯を細菌などから守りカルシウムやミネラルが溶け出すのを防いで再石灰化を促す働きをします。

このペリクルは歯を守る役割もするのですが、ヤニなどのステインと結びつく働きもしてしまいます。

タバコを吸った後にすぐに歯磨きをすれば問題はありません。しかし、歯磨きをせずに放置していると着色汚れはどんどん積み重なっていきそれが結果的にヤニが歯にこびりつく原因になります。

歯医者でのホワイトニングのメリット・デメリット

さて、歯に付いたヤニ・ステインを取るには歯医者のホワイトニングは有効です。

歯医者でのホワイトニングには2種類のホワイトニングの方法があります。歯医者でのホワイトニング(オフィスホワイトニング・ホームホワイトニング)のメリット・デメリットを見ていきたいと思います。

<オフィスホワイトニング>

歯医者で行うホワイトニングで1回で効果を感じて2回、3回と治療を繰り返していくうちに歯を白くするメリットがあります。

しかし、少ない回数の治療で歯を白くするので値段・費用が高く持続期間が3ヶ月~6ヶ月程度と短いデメリットがあります。

<ホームホワイトニング>

歯医者でマウスピースを作り処方された薬剤を使って自宅でホワイトニングをする方法です。オフィスホワイトニングより安く歯の持続効果が6ヶ月~1年近くと長いメリットがあります。

しかし、毎日2時間マウスピースを付けてホワイトニング2週間する必要があり、その期間にタバコを吸うと効果が半減するためタバコを吸うことできないので毎日タバコを吸っている方には厳しい方法です。

オフィスホワイトニング ホームホワイトニング
費用 ・軽い黄ばみ:2万円~3万円
・ひどい黄ばみ:5万円~8万円
・軽い黄ばみ:2万円~3万円
・ひどい黄ばみ:4万円~5万円
持続期間 ・3ヶ月~6ヶ月 ・6ヶ月~10ヶ月
メリット ・1、2回で白さを実感できる ・費用を安く抑えられる
・持続期間が長い
デメリット ・費用が高くなる
・持続期間が短い
・毎日2時間2週間のホワイトニング
・2週間の喫煙は禁止

自宅で簡単に続けられるホワイトニングジェル・歯磨き

ヤニ取りは自宅でも簡単にホワイトニングジェルや歯磨きで可能です。

歯医者でのホワイトニングは料金が高かったり禁煙をしなければいけないデメリットがあります。しかし、ホワイトニングジェルは値段も3,000円程度から始められ毎日の歯磨きをするだけで時間はかかりますがこびりついたヤニも落とすことができます。

歯医者でのホワイトニングもケアをしていないとまた元通りの黄ばんだ歯に戻ってしまいます。ホワイトニングジェルは毎日の歯磨き粉をジェルに変えるだけなので気軽に始められるというメリットがあります。

ホワイトニングを始めたいという方にジェルは本当におすすめです

シェアをお願いします。