1. ホーム
  2. 歯のコラム
  3. ≫女性は男性より虫歯、口臭トラブルが多い

女性は男性より虫歯、口臭トラブルが多い

突然ですが、あなた女性は男性より虫歯や口臭が問題化しやすいって知っていますか?

我が家では父親・弟は歯磨きがいい加減なのに虫歯はなくて、逆に母親・私はしっかりオーラルケアをしてるのに虫歯になりやすいという傾向がありました。

最初はただの偶然かと思っていましたが、実はこれ、科学的に見ても納得できる理由があったんです。

ここでは女性が男性より口臭や虫歯の問題に悩まされやすい理由について説明します。

女性は男性より虫歯になりやすい

実は男女の性別というものは虫歯のなりやすさに関わっています。

その証拠に、世界中のデータを見ても多くの国の様々な年代で、男性より女性の方が虫歯の本数が多いというデータが出ています。

一番の理由は唾液腺のサイズにあります。

女性は男性と比較して唾液腺のサイズが小さくなっています。そのせいで唾液分泌量も男性と比べると少なく、口内を酸性から中性に戻す唾液のph緩衝作用も低いわけです。これは口の中が一度酸性に傾くと中性に戻りにくいことを意味します。

また、女性はホルモンバランスが乱れると同時に唾液量が減少しやすい特徴があります。そのため思春期や妊娠出産、更年期などのホルモンバランスがどうしても乱れがちな日も口の中のpHは下がってしまいます。

もともと女性のほうが歯のエナメル質の硬度が低く象牙質が薄いことがわかっていて、男性に比べ女性のほうが虫歯になりやすく進行しやすいことにつながっています。

歯はエナメル質、象牙質、歯髄(神経)の二層構造になっていますが、いちばん硬いのが外側のエナメル質です。ここが弱いというのは、いわば防御壁が弱いのと同じですから、虫歯予防には致命的です。

女性にとって虫歯との闘いは宿命といえるでしょう。

歯周病にかかっていると早産のリスクが高まる

女性は虫歯になりやすいだけでなく、歯周病が進行しやすいといえます

歯周病菌は、女性ホルモンを栄養源として好み、女性ホルモンが大量に分泌されていると簡単に増殖します

妊娠中は、歯周病菌の好物である女性ホルモンが大量に分泌され、唾液の中にも溶け込んでいるので、歯肉炎や歯周病のリスクが高まるわけです

その上、妊娠中は唾液量も減少するので、唾液の働きで脱灰を中和し再石灰化させる力「緩衝能」が低下します

つわりなどで充分な歯磨きができない、食事の回数が増えて緩衝能も下がるというふうに、歯周病を悪化させる要素は充分です

しかも、歯周病にかかっている妊婦は、早産や低体重児を出産する確率が健常妊婦の5~7倍になるというデータがあり、歯周病が重度なほどリスクは高くなります

低体重児出産や早産が増えるメカニズムははっきりとはわかっていませんが、歯周病の炎症がある患者さんでは、PGE2という酵素や、炎症性サイトカインの血中濃度が高まっており、それが早産と関係するのでは?と言われています。

PGE2やある種のサイトカインには子宮を収縮する働きがあるのですが、歯周病にかかっている妊婦さんでは歯周病菌が出すその物質を出産の合図と間違えて、早産や低体重児出産の可能性が高くなるのです

そうしたリスクは、徹底的に歯周病治療をすることで妊娠中でも軽減することがわかっています。身近に妊娠している方がいる場合は、ぜひ伝えてください。

女性は排卵前後に口臭が強くなる

女性には少しショックなニュースですが、女性は月経サイクルによって、口臭が強くなる時期があります

専門家によれば、女性の口臭は排卵日にもっとも強く、また月経中やその前後にも強くなる傾向があるのとことです。

これについてはっきりした原因はわかりませんが、口臭の強弱は、女性ホルモンのプログステロン(黄体ホルモン)との関係が指摘されています

歯肉の細胞は肌の細胞と同じように、新しい細胞が古い死んだ細胞を押し上げて剥がれ落ちるターンオーバーを繰り返します

排卵後に増えるプロゲステロンが強く作用すると、剥がれ落ちる古い細胞の量が増えるのでそれがキツい口臭になるというわけです。

また、月経サイクルにおける二つの女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)のバランス変化が口臭に関係しているのでは?という説もあります。

プロゲステロンの分泌量が増える時期は歯肉の知覚が過敏になります

その期間だけはいつも以上に矯正中の装置に対する違和感がある、歯が浮く感じがする、歯肉が腫れやすいなどの症状を訴えてくる女性患者さんは多くいるそうです。

女性ホルモンの影響によって歯や歯肉にトラブルを起こしやすい女性は、排卵前後や月経時には徹底的にケアすると口臭予防に役立ちます

月経不順など生理周期が不安定だと、女性ホルモンの分泌も不安定になります。生活習慣を整え、月経周期を一定に保つようにすると、よリケアしやすくなりますね。

女性ホルモンの乱れはドライマウスも引き起こす

ドライマウスは加齢や、糖尿病や腎疾患などの病気、ストレス、室内の乾燥、口呼吸、抗うつ剤や抗ヒスタミン剤など薬の副作用などによっても起こるので、男性より女性のほうが患者数が多い傾向があります

女性のドライマウスは、女性ホルモンの分泌量と関係しています。女性ホルモンには、皮膚粘膜を保護して潤いを与える働きがあり、乾燥を防いでいます

しかし女性は加齢とともにホルモン分泌が衰え、特に更年期以降は下降が顕著です。

ホルモンバランスが狂うと唾液の分泌も少なくなってしまいますので、更年期の女性にはドライマウスがよく見られます

しかし若い世代も、月経不順や無月経などのトラブルがあれば女性ホルモンは低下していますので、日の渇き、肌の乾燥など似たような症状が出て、ドライマウスの引き金になることもあります

月経が順調であっても、月経前はホルモンの変動が激しい時期ですから、やはり皮膚粘膜がふだんより乾燥し、ちょっと口臭があるなと感じるかもしれません

ドライマウスは自覚症状として以下のものが挙げられます。

  • パンやケーキ、クラッカーなどパサパサした食べ物が飲み込みにくい
  • 味がよくわからなくなる
  • 回の中が粘つく
  • 舌や口の中がピリピリする
  • 国内炎や口角炎がしょっちゅうできる
  • やたらとのどが渇く

ドライマウスの女性はドライアイも併発しやすい

また、ドライマウスの女性はドライアイを併発している場合もあります。女性の場合、男性よりもあご周辺の筋力が弱いので、それがドライマウスの原因になっているとも考えられます

唾液は、耳たぶの下あたりの「耳下腺」、舌の付け根の真下あたりの「舌下線」、えらのやや内側のあご下部分にある「顎下腺」といった唾液腺から、日やあごの周りの筋肉の収縮によって押し出されてきます

ところがあご周辺の筋肉が弱っていると充分に分泌できませんから、日が乾きやすくなります

特に固いわけでもないびんのふたやペットボトルが自力で開けられない人は、筋力が落ちている可能性大です

また、女性のドライマウスは、シェーグレン症候群という女性に好発する病気が原因になっていることもあります。2011年には、和田アキ子さんがシェーグレン症候群に罹患していることを明かしました。

シエーグレン症候群は、全身の乾燥を引き起こす自己免疫疾患で、ドライアイやドライマウス、鼻腔の乾燥、肌荒れ、疲労感、関節炎などさまざまな症状として表れます

難治性の病気なので、早期診断で進行を防ぐ治療が必要です

口の不快なほどの乾きを感じたら、そうした病気も視野に入れて原因を特定し、それに合わせた対策を取ることが大事です

ストレスなど交感神経が優位だと唾液分泌が妨げられるので、ストレスをなくし、リラックスを心がけることも忘れないでください

よく推奨されるドライマウスのホームケアは次のようなものです。

  • 唾液のもとである水を十分に摂る
  • コーヒー、紅茶は禁止
  • お茶を飲みたいときにはカフェインレスのハーブティーを
  • 副交感神経優位の時間をつくるために入浴剤を入れ4‐度のお湯でゆったりと入浴する
  • 繊維質の多い食材を使った食事を、1日3回良く噛んで摂る

その他にもキシリトールガムまたはタブレットを食前に摂ることで、唾液の分泌を促すこの生活を3ヵ月つづけると唾液の分泌量が増えてきます

口の渇きを感じたときには耳下腺や顎下腺といった唾液のタンクをマッサージして分泌を促すのもいいでしょう

男性は虫歯や歯周病が重症化しやすい

さて、女性は虫歯や口臭問題に悩まされやすい、といっても、だからといって男なら安心というわけでもありません。

男性の場合、顎関節症に限らず、歯科疾患に関して女性より重症化しやすい傾向にあります

男性は歯やあごなど骨格や筋肉が密で強く、歯のエナメル質も女性より硬く2層目の象牙質も厚い構造です。また、男性の歯は女性より3~4%大きく、犬歯では5~6%も大きいです

つまり男性の歯は大きく、硬度も高く頑丈、根のしっかりした歯から構成されるため、歯がかたち作るアーチである歯列弓も女性より大きいわけです。車でいえば女性は小型車、男性は大型車といえるでしょう。

また、歯周病菌などある種の細菌は女性ホルモンをエサに繁殖しますので、身体的には男性のほうが優位で、本来は女性に比べて歯科トラブルが少ないといえます。

では、なぜ歯のトラブルが重症化してしまうのでしょうか

男性の虫歯が重症化しやすい理由

第一に、女性患者さんなら「ちょっと違和感がある」と感じたらすぐに来院されるので早い段階から治療に入れるのですが、男性患者さんは仕事の忙しさや痛みの自覚があまりないのを理由になかなか来院しません

もうひとつの大きな理由、それは男性のほうが怖がり屋で痛がり屋が多く、歯医者が苦手なため、ぎりぎりまで我慢してしまう人が多いと思うからです。

そのため、虫歯や歯周病なども手遅れになってしまうことも多いのではないでしょうか。

最近の歯科は痛みにも非常に丁寧に対応するところが増えていますから、我慢せずに早めに受診するのが良いに決まっているんですけどね・・・

自分が女性だからというわけではありませんが、どうしても怖い方は女性歯科医を選ぶとよいでしょう。

女性ならではのきめ細やかなケアとコミュニケーションで、きっと怖くないように治療してくれるはずです

さきほど男性は女性より歯のトラブルは少ないという話をしましたが、男性は女性より咬合力が強いので、この点だけは男性が不利です

人間の奥歯は体重のおよそ2倍の力で噛めますから、たとえば厚いステーキ肉を噛むときなどは体重60キロの男性でも120キロくらいの力が瞬間的に歯の歯根膜にかかります。

体格のいい男性ほど歯根膜への負担は大きく、噛みしめたときに歯が割れる可能性も上がります。

歯のトラブルが女性より少なくても、まったくゼロというわけではありません。ストレスによる歯周病、不摂生による虫歯、歯やあごの不調などは、男性も気をつけたい病気です

シェアをお願いします。