1. ホーム
  2. ホワイトニング
  3. ≫オフィスホワイトニングとは

オフィスホワイトニングとは

ホワイトニングには、自宅で行うホームホワイトニングのほかに、歯医者さんで施術してもらうオフィスホワイトニングがあります。

これは事前に歯をお掃除(クリーニング)してもらい、高濃度のホワイトニング剤(過酸化水素)を塗ってライトを当てるという施術です。

歯医者さんに任せればいいので気がラクで、1回の施術で効果が十分に期待できるため仕事が忙しくてホワイトニングに時間をかけられない人向けの方法です。

このページではそんなオフィスホワイトニングについて、1から10までしっかり説明します。

オフィスホワイトニングのメリット

1.抜群の即効性

オフィスホワイトニングは、歯科クリニックで受診できる施術です。プロの歯科医さんが行うので、自宅のホームホワイトニングより高濃度の薬剤が使えます 。もちろん、ライトの照射もOK。その結果、歯が白くなるまでに即効性が期待できます。 ただ、時間とともに再び色素が戻ってきますので、定期的にメンテナンスを受ける必要があります。

2.医療機関だから安心感

オフィスホワイトニングは、歯科クリニックで行うので、ホームホワイトニングやセルフホワイトニングとは違って、専門の知識を持った歯科医が行ってくれます。やっぱり、歯に何か不調が発生した時でも、すぐに対処してもらえる安心感 が、オフィスホワイトニングの一番の魅力ですね。

3.忙しい人に最適

普通、忙しい=歯医者には何度も通えないのでホームホワイトニングとなりそうですが、実は逆です。オフィスホワイトニングは、1回でそれなりの効果が期待できるので、忙しい人にこそおすすめです。 子育てや仕事などで忙しい人は、ぜひクリニックでのオフィスホワイトニングを選択肢に入れてください。ホームホワイトニングよりも、短時間で白い歯になります。

オフィスホワイトニングのデメリット

1.歯の色の後戻りがすぐ起きる

オフィスホワイトニングのデメリットの一つは、歯の白さをキープしにくいことです。いわゆる、後戻りといわれる現象です。早く白くなる代わりに、色が戻るのも早い、というわけです。そのため白さを維持するためには、定期的な歯医者への通院が欠かせません。

2.シミが発生しやすい

オフィスホワイトニングでは、高濃度のホワイトニング剤や効果を高めるためのライト・レーザーを用います。そのため、どうしてもシミが発生しやすいというデメリットがあります。

3.料金が高い

オフィスホワイトニングはプロの歯科医さんが行う施術です。だから仕方ないのですが、自宅でのホームホワイトニングよりも費用がかかります。クリニックによって料金は違いますが、5万円は余裕で覚悟すべきでしょう。中には10万円を超える所も珍しくないので、懐具合としっかり相談しないと後で大変なことになりますね(汗

 

以上のメリット・デメリットから、オフィスホワイトニングは

  • お金に糸目は付けないからすぐに歯を白くしたい人
  • 忙しくて自宅でこまめにホワイトニングができない人

におすすめの施術だといえます。

オフィスホワイトニングの施術の手順

  1. 施術方針を決め、シェードガイドを見ながら施術について説明を受ける
    ※シェードガイドとは、葉の色や明るさを一覧意表にしたもの
  2. 口の中をクリーニングし、歯石や着色などの除去
  3. レントゲンでお口の中を確認し、虫歯などがあれば施術は延期
  4. 歯や口の中の様子を撮影
  5. 歯にホワイトニング剤を塗布し、光を照射
  6. 歯に残っているホワイトニング剤の洗浄
  7. 上記の5と6を繰り返す

こうして書くと何だか手順が多くて大変だなぁ…と思われそうですが、実際に歯を白くするホワイトニング部分は5だけで、後は前準備、後始末です。

1回目の施術が終わった後、1週間ほど置いて状態をチェックしてもらいます。2回目以降(1回目施術後、1~2週間経過したのち)は、シミや痛みが発生していないかどうか、ホワイトニングの効果が出ているかどうかなどを写真などで確認し、問題なければ上記の5と6を3回繰り返します。

オフィスホワイトニングにかかる時間は、クリニックによっても違いますが、大体1回30分~60分程度です。

使用するホワイトニング剤によって効果や施術回数は違ってきます。詳しいことは、直接歯科クリニックに相談してみるのが一番ですね。

また、しばらくケアを怠っていると白さが次第に失われてしまいます。ホワイトニングはネイルと同じでメンテナンスが必要です。

定期的なメンテナンスのことも考慮して、フレンドリーに何でも相談でき、かつ通院しやすい歯科クリニックを選ぶことが重要です。

オフィスホワイトニングの料金・費用

では、オフィスホワイトニングの料金は、一体いくらぐらいかかるのか? もちろんクリニックによって若干の差はありますが、多くの歯医者で5万円程度は最低でもかかります。

しかし、これだけではありません。オフィスホワイトニングには追加料金やその後のメンテナンスの費用もかかります。

このように考えれば、年間10万円程度は覚悟しなければならないでしょう。

「えっ、そんなにかかるの?」と驚く人もいるかと思うので、ホワイトニングの料金の内訳を具体的に説明します。

1.初回の料金

オフィスホワイトニングの費用は、クリニックによっても違いますが、おおよそはすでに述べたとおり5万円程度です。

最近ではホワイトニングが一般的な施術になってきましたので、数千円程度で施術を行っているクリニックもあります。

でも、安さだけで飛びつくのは危ないので止めたほうがいいと強く思います。

安さの理由をきちんとリサーチしておかないと、後々トラブルになってしまうこともあります。

クリニックを選ぶときには、料金だけではなく、通院のしやすさやプランの内容、さらにはそのクリニックの実績などにも目を向けるようにしましょう。

2.メンテナンスにかかる料金

オフィスホワイトニングをすると歯は確かに白くなります。が、2か月ほど経過すると歯の白さはドンドン失われはじめ、1~2年で元の歯の色になってしまいます。

歯の白さをキープするためには、やはりメンテナンスが重要です。

頻度は3か月から半年程度に1回のペース。もちろん、費用がかかります。1回当たり数千円~3万円程度と考えてください。

3.施術後の追加料金

オフィスホワイトニングは施術が終わっても、それ以降も追加料金が必要になるケースがほとんどです。

歯石や煙草のヤニなどが付いている状態では、歯のホワイトニングはできません。

これらの汚れを専用の医療機器で除去するクリーニング作業が事前に必要になります。このクリーニング作業にも、5千円~1万円程度の料金がかかるため注意が必要です。

また、クリニックではホワイトニングをする本数がプランで決まっているところが多いようです。プランよりも多くの歯をホワイトニングする場合には、追加料金が必要になります。

多くの本数をホワイトニングしたいと思っている人は、事前に費用などを詳しく確認することが大切です。そうしないと支払う時になって「えっ!」となってしまいます。

クリニックによっては1本当たりの料金(大体、500円)で設定しているところもあります。

上下16本施術すると、合計で8,000円。ホワイトニングは保険がきかず、自費診療なので、ホワイトニング剤・スタッフの人件費などすべてがかかってきます。

さらに、料金が高いからといって効果が必ず得られるわけでもありません。だからクリニック選びは重要、というわけですね。

オフィスホワイトニングが合わない人

オフィスホワイトニングの施術を受けることができない場合もあります。該当する人を以下に挙げるので確認してください。

妊娠中の人や授乳中の人

妊娠中の人は、ホルモンバランスが乱れています。ホワイトニングを受けることで、体調への影響が絶対に出ないとはいいきれません。

また授乳中の人も、万一のリスクを考えて避けておく方が賢明でしょう。ホワイトニングは、これらの期間が終わってから中心されるのがベストです。

口内トラブルがある人

ホワイトニングは、薬剤を用います。虫歯や歯周病などのトラブルを抱えている人は、薬剤の影響で歯茎が腫れないとも限りません。

ホワイトニングよりも先にこれらのトラブルを解消すべきです。特に歯周病を放置しておくと、歯が抜けてしまうという恐ろしいことになりかねません。

無カタラーゼ症の人

無カタラーゼ症とは、体内にカタラーゼという酵素が存在しない人です。カタラーゼ酵素とはホワイトニングに使われる過酸化水素を分解する酵素です。

つまり、カタラーゼ酵素を持っていない人は、過酸化水素を分解できないわけです。そのためホワイトニングを受けることが出来ません。

また、過酸化水素そのものにアレルギーを持っている人や、光アレルギーのある人もオフィスホワイトニングは不可となります。

歯並びの悪い人

これはもう単純に不運としか言いようがないのですが、歯並びが悪い人はマウスピースが装着できない可能性があります。

ですから、意を決して歯医者にホワイトニングの電話を入れた→駄目だった……みたいなことになりがちなので、歯並びに自信の無い人は事前にチェックした方がいいですね。

歯医者にやってもらえば万事OKというわけではない

オフィスホワイトニングは短期間で歯を白くしたい人自宅でホワイトニングケアをこつこつとすることが苦手な人に最適な施術です。

でも、効果が永久に続くわけではありませんし、料金は他より圧倒的に高いですし、後戻りが起こりやすいなどのデメリットも否定できません。

そのため白い歯をキープするためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。

後戻り現象を回避するためには、ホームホワイトニングを併用したり、2種類以上のオフィスホワイトニングを組み合わせることも一つの方法です。

ただ、2種類以上のオフィスホワイトニングを施術していない歯科クリニックも、実際多いです。

そのように、メリットに対してデメリットをきちんと想定していないと思わぬ痛手を負うことになるので、やるなら本当に信頼できる歯医者さんを見つけることが大切ですね。

シェアをお願いします。