1. ホーム
  2. ホワイトニング
  3. ≫歯医者のホワイトニング料金のインチキ設定の理由とカラクリ

歯医者のホワイトニング料金のインチキ設定の理由とカラクリ

歯医者のホワイトニング料金には一応相場があります。

色々な歯医者のホームページを見ると大体の値段が書いてありますが……実はコレ、全然アテにならないので信じない方がいいでしょう。

実はオフィスホワイトニング・ホームホワイトニングは保険外治療なので、料金は歯医者側の言い値で決まります。

あなたがいくら事前勉強をしっかりして歯医者に行っても、歯医者さんに専門用語連発のセールストークをされたら大抵言いくるめられてしまうでしょう。

そして気付いたら相場より遥かに高い金額でホワイトニングを受ける羽目になってしまった……なんてケースは沢山あります。実際に私の周囲でもそういう話が1件ありました。

このページでは、歯科医のホワイトニングの料金は基本的に信じるべきでない、という点について説明します。

歯を白くする方法にかかるお金

一例として、各種歯を白くする方法の相場は以下のようになります。

  • バナナの皮 0円
  • 重曹歯磨き 200円程度
  • 激落ちくん 300円程度
  • ココナッツオイル 500円程度
  • ホワイトニング歯磨き粉 4000円程度
  • ホワイトニング 5万円程度
  • 審美治療   100万円程度

上4つは一応載せただけで深い意味は無いのでスルーして下さい(汗

現実的な案といえば「ホワイトニング歯磨き粉」「ホワイトニング」「審美治療」の三つです。

その中でも更に歯医者に頼む「ホワイトニング」「審美治療」については、平均金額だけを信じても歯医者に頼むと実際はぼったくられる可能性が高いので注意が必要です。

なぜなら、歯医者はあの手この手で歯の色に悩んでいる患者から治療費をせしめようと躍起になっているからです。

歯医者によってホワイトニング料金が違う理由

ホワイトニングと審美治療の値段がアテにならない大きな理由……それは値段が歯医者自身によって自由に決められるからです。

ホワイトニング・審美治療は通常の虫歯や歯周病の治療(保険内治療)と違って、施術の必要性があるわけではありません。

整形手術や豊乳手術と似たようなモノで、言うならば完全にただのビジネスです。そのため、その値段は提供する側の医者の言い値で決まるんですね。

ビジネスとあれば力の入れようは歯医者ごとに異なります。歯医者ごとに使用する薬剤や機器、施術方法、カウンセリングにかける時間などは異なり、結果的に値段もピンキリとなります。

例えばホームホワイトニングなら、上の歯の目立つところを全て白くすると平均して4万円くらいかかります。ところが、支払い額を全体でみると4万円から10数万円と幅はかなり広がります。

「そんなに差があるなら誰だって一番安い4万円のものを選ぶでしょ!」

こう思うかもしれませんが、必ずしもそれが良い選択とは限りません。その理由は上でも挙げた材質の違い・施術内容の違い・サービスの違いによるものです。

ここでのホワイトニング剤はアメリカ製のものを使うことがほとんどです

ところが、4万円くらいのコースで提示される安物だと現地のコンビニで売っているような粗悪なものでしかないので、望んだ結果は得られないことがほとんどです。

そしてそんな安物を患者に使わせている歯科だと、カウンセリングもろくにせず「一週間くらいコレを使ってみてください」と言ってホワイトニング剤をポンと渡してそれで終わり、ということも少なくありません。

『安物買いの銭失い』とはよく言ったものですが、ホワイトニングについても成功させるには、やはり専門歯科医が使うようなそれなりに値が張るものでなければならないということです。

そもそも歯医者でキチンとしたホワイトニングするには、まず歯の色を機械で測定してどこまで白くなるかの説明とカウンセリングを受けなければなりません。そして患者さんが納得して始めて本格的なホワイトニングがスタートできるわけです。

ホワイトニング後も定期的に通院してもらい、毎回状態のチェックと歯のクリーニングを行うということを継続していくわけですから、当然それなりのお金もかかってきます。

つまり、安すぎる歯科医院は本来行うべき処置が省かれていたり、カウンセリングがほとんど行われていなかったりする可能性が極めて高いわけです。

※なお、現在厚生労働省が輸入を許可しているホワイトニング剤にナイト&ホワイトというものがあります。これは濃度が薄くホワイトニング効果は正直まるで駄目なので濃度はある程度高いモノの方がお勧めです。

安い費用に釣られて始めたものの、満足のいく治療を受けられずにホワイトニングも失敗し、追加費用やら何やらで最終的には高くついてしまった、という話はいくらでもあります。

このように、ホワイトニングは力の入れ具合が各歯医者によって異なるので、結果的に料金も歯医者ごとに変わってくるんですね。

診察台でのセールスは逃げられない

更に問題を厄介にしてるのがコレです。

自由診療のホワイトニングでは、診察台に座らされたまま、歯医者さんから何分も見え見えのセールストークを聞かされて契約を求められる場合が少なくありません。脱毛サロンで勧誘を受けたことがある人はアレを想像してもらえば何となく分かると思います(笑)

しかもこっちは勧誘してくるのが素人のバイトじゃなくて、プロの歯医者ですからね。無知な素人が権威あるプロの歯医者に専門用語バリバリで営業をかけられたら、断るのは本当に大変です。

もちろん、現代はネットでホワイトニングや審美治療について簡単に調べられる時代です。また、強引すぎる勧誘をすればネットに悪評を書かれかねないので昔に比べれば勧誘もソフトになっているみたいです。

ただ、そうはいってもプロの歯医者さんに面と向かってアレコレ説明されれば、ついつい口車に乗せられて高額の契約を結んでしまう人は今も後を絶えません。

これはホワイトニングを実際に受けた私の知人の話ですが、一度診察台に座らされたらまだ検討中だろうが何だろうが本当に逃げ場がないように感じるそうです。

歯医者さんも医院のスタッフさんもホワイトニングは受けるのが当然、という雰囲気を出して事を進めようとするわけです。

例えば、ホワイトニングのために通院した場合、施術が進むにつれ当初の話とは打って変わって予定回数以上の通院が必要になるかもしれません。

小さな虫歯なのに何回も何回も通院してようやく治ったと思ったら、今度は別の虫歯が見つかってそれの治療もあって歯医者通いがいつまで経っても終わらなかった…

こんな経験↑ありませんか?

アレと同じで、歯医者に「ここでホワイトニングを辞めたら歯を白くするどころか余計黄ばんじゃうかもしれませんね……」なんて言われれたら、誰だって怖くなって通うしかありませんよね。

ホワイトニングならまだ十数万円程度なので軽症で済みますが、これが審美治療のラミネートベニアであれば百万円を超えることも珍しくありません。

そうなれば確実にローンを薦められるでしょう。

百万円、と言われると高すぎて完全に他人事ですが、それが「月々〇万円」となれば「そのくらいなら自分も本気を出せば……」と、ついつい治療に応じてしまうケースもあるでしょう。

いくらこちら側がネットで調べた情報で反論してみてもプロの知識には敵いませんから、その場で上手く納得させられてしまうケースは本当に多いそうです。

間違ってもローンなんか組んじゃ駄目ですね。世間には患者にお金が無ければローンを組ませるっていう歯医者が本当に実在しますから……

詳しくはこちらをご覧ください
>>日本の歯医者の闇は深いんです……<<(現在修正中につき一時非公開)

歯医者でのホワイトニングを検討している人はくれぐれも慢心せず、事前のリサーチはガッツリやって誠実な歯医者さんを引き当てて下さい。

備考

よくネットの口コミだけを判断材料にして歯医者を選んでしまう人がいますが、個人的にはそれはおススメしません。

なぜなら一口にホワイトニングといっても受ける施術は個人によって千差万別ですから、AさんやBさんにとって良かった歯医者があなたにとっても良い歯医者とは限らないからです。

後になってからその歯医者を紹介していた人を恨んでも後の祭です。そうならないために、歯医者は徹底的に自分でリサーチするようにしたいですね。

騙される前に自分で白くすることにトライする

歯医者さんは経営が苦しい、だからガッポリ稼げるホワイトニングや審美治療では患者に沢山お金を使わせるよう誘導する

これを聞いて「じゃあどうすればいいの?」と思った方は多いと思います。

私の出した答えは、歯医者でのホワイトニングに頼る前に、まずは自力で歯を白くすることにトライするというものです。

例えばホワイトニングを真剣に考えて作られた歯磨き粉から初めてみるのも一つの手でしょう。

月額3000円~7000円くらいのホワイトニング歯磨き粉であれば敷居も低いため、誰でも簡単に挑戦できるのでおすすめです。

具体的には>>はははのは<< >>プレミアムブラントゥース<< あたりですね。

このくらいが丁度良いんです。普段の生活をしながら、毎晩欠かさずにホワイトニング歯磨き粉で歯を磨いてみて下さい。

そういう自助努力を一つづつやってみて、それでも駄目だった時は数十万円かけてでも歯医者でホワイトニングを検討すればいいんじゃないでしょうか?

私はそう思います。

シェアをお願いします。