1. ホーム
  2. 自力で歯を白くする方法
  3. ≫オキシドールで歯磨きすると歯が白くなるという裏技について

オキシドールで歯磨きすると歯が白くなるという裏技について

突然ですが、あなたは、市販されているオキシドールを歯に付けると歯を白くなるといった裏技を耳にしたことがありますか?

オキシドールは数百円で購入できます。だからこの方法なら数万~数十万程費用がかかる歯医者のホワイトニングと比べてすごい気軽に試せます。

ここではそんなオキシドールで歯を白くする噂について検証していきます。

そもそもオキシドールって?

そもそも、オキシドールとは過酸化水素水を3%の濃度で薄めた液体を指し、下記のような用途で使われます。

  • うがいにより口臭、口内炎の予防
  • 耳掃除に使用し中耳炎、外耳炎を防ぐ
  • 風邪、インフルエンザの予防効果
  • 髪の毛、眉毛の脱色
  • 怪我した所の殺菌消毒

見ての通り、大半は消毒目的ですね。オキシドールを薄めた液体を脱脂綿やコットンなどに付けて傷口の殺菌をした経験がある人も大勢いるでしょう。

日本だとドラッグストアで手軽に購入できて、医療用の外用消毒剤にも使われてますね。

オキシドールで歯磨きすると歯を白くできる?

実は、オキシドールは過酸化水素水とも言い、殺菌消毒の他にも漂白の為にも使用されていて、酵素系漂白剤のメイン成分として配合されています。

要するに黄ばみ、シミ抜きなどの漂白に効果があり、歯のホワイトニングにも過酸化水素水は使用されています。

オフィスホワイトニングでも、ホームホワイトニングでも過酸化水素水は欠かせない存在です。濃度は濃ければ濃いほど、そして作用時間が長いほど効果が期待できますし、医療機関でも使用されているので安全性は高いといえます。

オフィスホワイトニングでは過酸化水素を含んだホワイトニングジェルを使用し歯の表面部分に塗ってから光線を照射します。

1回でも歯を白くなりますが、複数回歯科医院でホワイトニングをすることにより希望の歯の白さになれます。

自宅でオキシドールを使用したホワイトニングは出来るの?

自宅でやるホームホワイトニングでも過酸化水素(オキシドール)は使います。

だったら市販のオキシドールを歯に塗った方が安上がりでいいんじゃない?

この気持ち、よく分かります。

実際にオキシドールの説明書には口腔粘膜の消毒、歯の洗浄も可能な旨が明記されています。

それにホームホワイトニングの場合は次の様なデメリットがあるので注意が必要です。

  • 歯科医院を受診してマウスピースを作る必要がある
  • オフィスホワイトニングと比べると安価だけどトータルでは決して安くない

だから市販のオキシドールなら……!と考える訳です。市販のオキシドールなら500mlで300円くらいですから(笑)

数万~数十万かかるオフィスホワイトニングと比べると滅茶苦茶安いんです。

オキシドールで歯のホワイトニングはお勧め出来ません!

市販のオキシドールを使えばコストは劇的に抑えられます。でも、そんなに安価かつお手軽に歯を白くできるなら様々な場所で紹介されているハズですよね?

ところがオキシドールで歯の黄ばみを落とす方法はどこにも紹介されていません。

その理由は単純明快です。市販のオキシドールの過酸化水素水の濃度はオフィスホワイトニング、ホームホワイトニングで使用されるモノより濃度がはるかに薄いんです。

歯科医院で行うホワイトニングは最低でも10%、高い場合は35%程くらいと言われていますが、それに対して市販のオキシドールは何と3.5%以下です。

要するに濃度が低いから効果が全然期待できないんです。

「じゃあ濃度を上げればいいんだ!」って思うかもしれませんが、高濃度のオキシドールの個人使用は薬事法で禁止されています。

自身の判断だけでオキシドールを使うのは避けた方がいいですね。

濃度が低いといっても殺菌作用は強いですから使いすぎると、善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れて虫歯、歯周病のリスクが上がることだってあり得ます。

オキシドールの「うがい」ならお勧めです

歯を白くする目的でオキシドールを使うのはお勧めできません。でも、「うがい」で使うならお勧めできます。

やり方は簡単でオキシドールを2倍~10倍くらいに水で薄めて口の中に含みうがいをするだけです。

毎日の歯磨きの際にオキシドールでうがいをすると口腔内の歯垢(プラーク)を除去することが出来るので口内で繁殖する嫌気性菌を殺菌することが可能となり虫歯、口臭の予防効果が期待できます。

ただし口の中がピリピリして傷む時には安全性を考慮して市販のマウスウォッシュを使用することをお勧めします。

オキシドールの歯磨きは歯が溶けるという噂について

ちなみに、オキシドールで歯を磨くと歯が溶けるという噂がありますが、そんなことはありません。

これはオキシドールが持つ消毒効果から何となく「溶かす」とうイメージを持たれるんだと思いますが、硫酸とは違います。

仮に歯が溶けるほどの劇薬なら個人での購入なんて認められませんからね。

オキシドールの原液に歯を何十時間、何日も漬けるようなことでもない限り、歯に深刻な悪影響というのはないのでそこは安心して大丈夫です。

オキシドールで歯を白くする方法についてのまとめ

正しい方法でオキシドールを使用したうがいをして口臭、口内炎を予防するくらいなら問題はありません。

でも、自己判断で歯に塗ったり、磨いてホワイトニング効果を求めるのは効果が無いばかりか下手をすると逆に痛い目を見る可能性もあります。

変に自己流でオキシドールを使ったホワイトニングに手を出すよりも、普通の歯を白くする方法を取る方が絶対に良いと私は思いますね。

シェアをお願いします。