1. ホーム
  2. 自力で歯を白くする方法
  3. ≫歯の消しゴムの効果やデメリットについて

歯の消しゴムの効果やデメリットについて

ホワイトニング系の商品は星の数ほどありますけど、その中で目を引きやすいのが歯の消しゴムじゃないでしょうか?

これは歯の汚れ・黄ばみ・ヤニなどを消しゴムと同じ要領でキレイに消せる 、と謳っている商品です。

仕組みは普通の消しゴムと同じで、シリコンで作られたゴムが汚れを消すというものです。

ドラッグストアやドンキで市販されてて、価格も500円程度。最近はポップなデザインやカワイイ見た目のものも多いので、それに釣られて試してみようかな~と思う人も増えてるんじゃないでしょうか?

中にはこんな風に↓プロ野球と提携して売ってるやつもあるみたいです

他にも別売りの研磨剤を合わせて使うことでよりシッカリ汚れを解消できる歯の消しゴムも販売されてるみたいです。

ここではそんな歯の消しゴミについて、私なりに思うところを書きます。

歯の消しゴムの実際の効果……

市販されている歯の消しゴムは原材料や使用方法を見れば一目で分かるんですけど、コレは研磨剤が含まれたシリコンゴムorただのゴムです。

歯の表面を削って目に見える歯の黄ばみ、汚れを除去してるだけです。私はこれを見て、激落ちくんで歯を磨くのと同じじゃない?って思いました。

ところが、大半の歯の消しゴムには商品パッケージに『歯の表面部分のエナメル質に付着した磨き残しを除去するクリーニングの為の商品』 という一見無害そうな説明が書かれています。

で、実際の使い心地なんですけど、本物の消しゴムと違って材質は結構脆いです。だから使ってるとすぐに折れて崩れます。口の中は凹凸が多いですから、歯の細かい隙間にまで消しゴムを使うのはやっぱり難しいですね。

あくまで歯の平面のみに使える、という印象です。

私個人の感想でいえば、確かに消しゴムを使った後は何となく歯面がツルツルになったような気がします。でも、歯が白く綺麗にまでなったかと……と、いうと正直微妙な印象です。

研磨剤が含まれている歯の消しゴムで歯をゴシゴシ擦るのは激落ちくんと同じで歯に紙ヤスリをかけているのと似たようなものです。

そうだとすれば、エナメル質が傷ついて以下のような悪影響があり得ます。

  • 虫歯になりやすい
  • 歯が着色しやすい
  • 歯のツルツル感が感じられない
  • 光が乱反射し歯がくすんで見える

ですので歯の消しゴムはその後の悪影響まで考慮すると、やっぱり使用しない方がいいと、個人的には思います。

歯の消しゴムはオーラルケア対策なら良い?

口内を綺麗にする、という観点で見ても正直微妙だと思います。

歯垢や細菌って歯の隣接面、歯頚部、咬合面といった溝の凹んだ所に残るのが普通です。

だから歯を消しゴムでそれが取れる?って自問したら答えはNOだと思います。

使った後は確かに歯の着色が落ちたようにも見えるんですけど、それは恐らく歯の表面部分のエナメル質を削ったからではないでしょうか。

歯の消しゴムの使い方

とはいっても、「止めたほうがいいよ」と言われるとやりたくなるのが人情ってものですよね。どうしても興味がある!という人もいると思うので、一応やり方を説明しておきます。

あくまで自己責任でお願いします。

  1. ティッシュで歯の表面の水分を拭き取る。
  2. 歯の着色を落としたい場所を優しく擦る。
  3. 水で軽く口を漱ぐ。

コツは頑張り過ぎないことです。その理由は簡単で、力を入れてゴシゴシしすぎるとエナメル質が傷ついてしまうからです。汚れを落とすことよりも、優しく擦ることを一番意識するべきですね。

あと、歯の消しゴムは大きいモノと小さいモノがセットで販売されている商品がほとんどです。最初に大きい方で広い部分を擦り、後から小さい方で細かい部分を擦る、といったように使います。

市販でランキング上位の歯の消しゴム

実際によく見る歯の消しゴムについてはこちら↓になります。

1.トゥースティック

Amazonでは500円で取り扱っています。

画像にあるようにフラット型とペン型の2本セットなので、理論上は歯の隙間まで使用することが出来ます。材料はABS樹脂、ポリスチレン、シリコンゴム、研磨剤(無水ケイ素)、天然ハッカ、キシリトール、です。

最も無難、かつ値段もお手頃なので歯の消しゴムのビギナー(?)にはもってこいかもしれませんが、材料に研磨剤が使われているので、正直おススメはできません。

2.ステインバスター

こちらもAmazonで500円くらいで購入できます。

一番の特徴はゴム部分が歯間ブラシみたいな形になっている点です。パッと見では歯医者さんが使ってそうな形ですよね。

その形もあってか、口内奥の歯まで擦りやすいのは長所といえば長所です。

ただ、消しゴムの材質を見ると「ラテックスゴム」とだけ記載されているので、実態は恐らく普通のゴムと何ら変わらないと思われます。

3.ステインイレイサー

最期に紹介するのはステインイレイサー スリム。Amazonでは350円くらいで購入することが出来ます。

材質の成分は記載されていないのですが、触った感じだと恐らくシリコンゴムが使用されていると思われます。

ようするにステインバスターと同じく普通のゴム、もしくはトゥースティックと同じく研磨剤入りのシリコンですね。

過去に私の友人がドラッグストアで買って使っていたようですが、感想を聞くと「うーん、微妙」とのこと。

歯の消しゴムに関するよくある質問

一番おススメできる人気の歯の消しゴムはどれ?

歯の消しゴムは個人的には微妙だと思っていますが、どうしても一つ選ぶとすれば私はトゥースティックを選ぶと思います。理由は様々な商品の中でも一番科学的かつ合理的に作られているように感じるからです。研磨剤はやりすぎると歯を痛めてしまうリスクがあります。でも、正しく適切に少量だけ使うなら問題ないので、トゥースティックも正しく適切に使えば悪くない可能性もあるかと思います。(やりすぎない、っていうのが難しいんですけどね・・・)

歯の消しゴムは薬局やマツキヨ、コンビニ、100均で売っている?

私が調べた限り、歯の消しゴムはマツキヨ(ドラッグストア)で売っているのを確認しました。3年くらい前まではコンビニや薬局でも見かけたのですが、今はほとんど見ることはなくなったように思います。ちなみに、100均でも歯の消しゴムは売っていましたが、製造メーカーがよく分からない中国産の怪しいやつだったので、そういうのは絶対に買わないでください!

歯の消しゴムはヤニを消せる?

個人的には結構効果があると思います。理由は簡単。私が昔バイトしていたスーパーで長年働いていたおじさん(喫煙者)が歯の消しゴムを使い出してから歯がちょっと綺麗になったように見えたからです。しかし、そのおじさんは同時に禁煙も始めていたので、ヤニが消えたのはむしろそっちの影響の方が大きいかもしれません。

歯の消しゴムはデメリットの方が多いと感じます

歯の消しゴムについて説明したら思いのほか長くなってしまいました。このエントリーを見てもらえば分かるように、歯の消しゴムって手軽 なんですよね。その上ホワイトニング効果まで宣伝してるから、ついつい試してみたくなっちゃいます。

でも、効果はあるの?というと、かなり疑わしく、そのくせリスクだけはバッチリあるので正直使うのはオススメできません。

歯の消しゴムで期待できる効果は普通に歯磨きでも代用できます。だったらわざわざリスクのある歯の消しゴムは使わないほうがいいんじゃないかなー、というのが現時点での私の持論です。

シェアをお願いします。