1. ホーム
  2. 自力で歯を白くする方法
  3. ≫ココナッツオイルで歯を白くするホワイトニング法について

ココナッツオイルで歯を白くするホワイトニング法について

ここ数年、モデルのミランダ・カーさんを中心に海外セレブの間でブームになっているココナッツオイルを使った歯のホワイトニングを知ってますか?

これは文字通り、ココナッツオイルでうがいをして歯を白く綺麗にする方法です。実はこの食用油を使ったうがい方法、インドでは古代からずっと人々に愛されてきた健康法です。

その効果は凄まじく、歯のホワイトニング以外にも以下のような健康効果が得られます。

ココナッツオイルの健康効果

  • 口臭予防
  • 歯周病・歯肉炎予防
  • 虫歯予防
  • ほうれい線の予防
  • 片頭痛の改善
  • 関節炎の軽減
  • デトックス効果

やり方は>>重曹による歯磨き<<>>バナナの皮を使った歯磨き<<と同じでこれも簡単です。

ココナッツオイルを大さじ一杯分だけ口に含み、それをマウスウオッシュと同じ要領で口の中でクチュクチュして、最後に吐き出すだけです。

こう書くと「メッチャ簡単!やるしかない!」 と思えるココナッツオイルを使ったうがいですが、正直私はおすすめしません。

私が実際に体験してみて、駄目だと思ったココナッツオイルを使ったうがい欠点を以下にまとめてみました。

ココナッツオイルうがいの欠点

1.長時間、口の中に含んでないといけない

ココナッツオイルを使ったうがいは20分もお口の中でオイルくちゅくちゅしないといけません。

これはココナッツオイルの性質上仕方ないのかもしれませんが、バナナや重曹の10分ですら面倒なことを考えると、正直かなりキツいです。 顎が半端なく疲れましたね(笑)

私はあまりにも20分が暇だったのでメイクをしながらお口をくちゅくちゅするのもやってみましたが、まぁ予想通りやり辛かったです(笑)

2.朝やらないといけない

ココナッツオイルを使ったうがいは胃が空腹の時にやるからこそ意味があるそうで、そのため朝以外で行うのはダメなそうです。

効果があるかどうか疑わしい歯を白くする方法のために毎朝20分早く起床できるか?と考えると、かなーり厳しいものがあります。

3.ココナッツオイルを飲みこんじゃいけない

当たり前といえば当たり前ですが、歯磨き粉と同じで飲みこんではいけません。

しかし、20分もお口の中でくちゅくちゅしていれば飲みこまないように注意してても、無意識のうちにある程度は飲みこんでしまうもの。

そしてココナッツオイルはその名の通り、油そのもの、カロリーの塊です。超太ります。

というか、太りました。(体験談)

ウチの弟に至っては馬鹿なのでこれをキッカケにココナッツオイルを直で食べるのにハマって、みるみる太っていきました。

ココナッツオイルで歯を白くする作戦。私の感想は……

そんな感じで、このうがいは美容や健康効果に優れてはいるものの、私は三日坊主にすらならず、二日目でドロップしました

気合いを入れて高いココナッツオイルを買ったのに全然使わず、凄く損した気分になりましたね。(料理に使ったから完全に駄目だったわけじゃありませんが。。。)

やっては駄目!というわけではありませんが、「手間」「時間」「お金」の全てにおいて他の歯を白くする方法より遥かに劣っていると思います。

結論 正直おススメできるホワイトニング法ではありません。

もし、それでもココナッツオイルのパワーを実感してみたい、という人はプレミアムブラントゥースを考えてみて下さい。

これはココナッツの成分を配合したワイトニング歯磨き粉で、2018年時点ではココナッツオイル関連のホワイトニングでは一番良い方法だと思います。

少なくとも、ココナッツオイルそのものでどういうするよりかはよっぽど現実的かと思います。


お土産とか何かの機会でココナッツオイルがたまたま手に入ったとき、遊び感覚で1回やってみるくらいであれば全然アリだと思います。知識として持っておくと海外旅行した際などに使えるかもしれません。

シェアをお願いします。