1. ホーム
  2. 自力で歯を白くする方法
  3. ≫重曹で歯を磨くと歯は白くなる!?

重曹で歯を磨くと歯は白くなる!?

重曹って昔から掃除に使ったり、ベーキングパウダーの主成分だったりで親近感がありますよね。そんな何かと便利な重曹ですけど、実はオーラルケア目的で使うこともできます。

  • 重曹を付けて歯を磨くと白くなる
  • 重曹は虫歯に効果がある

あなたはこんな噂を聞いたことはありませんか? 普通、黄ばんだ歯を白くするっていうとホワイトニングなどが思い浮かびますが、値段が高いので私みたいな一般人では中々手が出せません。

また、ドラッグストアなどで打っている市販のホワイトニング歯磨き粉はどれも効果が疑わしく、モノによっては研磨剤のせいで逆に歯の黄ばみを促進してしまうものもあるくらいです。

そこで白羽の矢が立ったのが安く購入できる重曹です。でも、重曹で歯を磨くことにはリスクも存在します。

このページでは、そんな重曹歯磨きの効果や方法、注意すべきリスクについて説明していきます。

※ちなみに、結論から先に書くとあんまりおススメはできません。 そこだけはご了承下さい。

重曹歯磨きの効果

効果1 着色汚れを除去して綺麗な歯に

重曹歯磨きで1番期待される効果はやっぱり歯の着色汚れを除去する効果 です。

重曹が歯を白くする仕組みは重曹が掃除で汚れを落とすのとほぼ同じ原理です。重曹独自の強力な研磨力によって汚れを落とします。

市販されている歯磨き粉にも研磨剤は配合されてますが、重曹の研磨剤と比べるとやっぱり弱いんですね。

重曹で歯磨きをすることで普段よりも歯の汚れをゴッソリ落とす ことが出来て、歯が白くなったように実感できる、というわけです。

ただ、重曹が出来ることはあくまで着色汚れの除去だけです。歯を直接白く漂白するホワイトニング効果はないのでご注意を。

効果2 口内を中和して虫歯予防になる

これは知らない人も多いんですけど、重曹で歯磨きすると虫歯予防にもなります。その理由は重曹のアルカリ性にあります。

そもそも、人間の歯が虫歯になってしまう原因は、以下のようになっています。

①口内の食べカスを餌に虫歯菌(ミュータンス菌)が繁殖する → ②虫歯菌が繁殖する過程で強い酸が出る → ③酸が歯を溶かす(虫歯!)

つまり、虫歯菌が歯をボロボロにするのではなく、虫歯菌が繁殖する副産物として出るが歯をボロボロにしている真犯人というわけです。

口の中は普段はpH6.7という中性の状態を示していますが、食事後2分~3分程でpHは4くらいに酸性の方に傾きます。

エナメル質はpH5.5以下になると溶けてしまうので、口内のpHが低くなる食後は虫歯リスクが上がってしまうんですね。

そこで登場するのが重曹です。重曹は強力なアルカリ性なので、これを使うと酸性に傾いた口内を中性に戻してくれます。

これによって酸が歯を溶かすのにストップをかけてくれるわけです。

重曹を使った歯磨きはリスクもある

汚れが落ちやすく、虫歯予防にもなる……と聞くと「使うしかない!」って思いそうですが、やっぱりリスクもあります。。。

ここでは重曹歯磨きによる2つのリスクを紹介します。

リスク1 エナメル質に傷がつく

重曹の研磨力はとっっっても強いです。重曹は歯の汚れを除去してくれますが、あまりに強力過ぎて汚れだけではなく歯そのものも削ってしまうんですよね。

歯は黄色っぽい象牙質と白く綺麗なエナメル質で構成されています。しかし重曹の研磨力はとっっっても強力なので歯の汚れだけでなく、白いエナメル質すら傷つけてしまうかもしれないんです。

まぁ、ガスコンロの厄介な汚れすら落とすほどの洗浄力ですからね。やりすぎたら歯が傷付くのも無理はありません。

それもあって、一般的な歯磨き粉には重曹ほど強力な研磨成分は配合されてません。

このリスクは>>激落ちくんを使った歯を白くする方法<<とソックリなので、くれぐれもご注意下さい。

リスク2  塩分を過剰摂取してしまう

重曹歯磨きのリスクはエナメル質が削れてしまうことだけじゃありません。単純に健康に悪いです。

そもそも重曹はNaHCO3と表記し、正式名称は炭酸水素ナトリウムといいます。炭酸水素ナトリウムとは、一言で表すとです。だから重曹歯磨きはやればやるほど体内に塩分を沢山摂ってしまいます。

医者から塩分摂取を控えるよう言われてる人なんかが重曹歯磨きをすると、あっという間に塩分の過剰摂取になっちゃって大変なんです。

そうでなくても現代人が口にするモノは大抵塩分が豊富です。

そんな状況下にある私たち現代人が、塩分を更に取る重曹歯磨きを念入りにやれば高血圧やむくみが酷くなるのは明白です。

たとえ重曹歯磨きで虫歯の問題から解放されても、塩分の摂り過ぎで他の健康問題を発症してしまった・・・では元も子もないですからね。

健康の為に多くても週1回くらいに留めるべきです。要するに注意すべきは毎日重曹で歯を磨くのは避ける、ということです。

重曹歯磨きのリスク

  1. 研磨力が強力過ぎて歯を傷つける恐れがある
  2. 塩分の過剰摂取の恐れがあるから

どーしても重曹歯磨きに興味がある!という人は、この2つのリスクを熟知した上で、自己責任でやるようにしましょう。

重曹歯磨きの作り方

ここから先は自己責任です。重曹歯磨きは歯磨き粉を自作するところからスタートしますが、歯磨き粉は二通りの作り方があります。

  1. 重曹と水とを混ぜたモノ
  2. 重曹とグリセリンを混ぜたモノ

重曹を選ぶ際の注意点は、食用か薬用の重曹を選ぶ、ということです。工業用の重曹は絶対にNGです。

特にこれといった記載がないモノは工業用である可能性が高いので注意して下さい。薬局で販売している重要は掃除に使用するモノで、ほとんどが工業用と言えます。

食用と薬用どっちがいいか、っていう話ですが、私のお勧めは断然食用です。

薬用は粒子が最も細かくて医療に使われるモノなのでぱっと見では高品質なんですけど、そのぶんお値段が張るんですよね……

1.重曹と水を混ぜた歯磨き粉の作り方

まず食用の重曹と水を用意します。
※重曹はベーキングパウダー(全体成分の4分1は重曹)でも代用できます。

重曹はどんなのを選べばいいの?という点については、スーパーで売ってる140円(130g)とかの安い商品でOKです。

歯磨き粉の作り方はとても簡単。容器に重曹大一匙と水を適量を入れて混ぜるだけでOKです。水の量は最初は少しにして、徐々に増やして自分が一番ベストだと思う量に調整してみて下さい。

完成品の感じはフワフワした感触です。シュワーと泡が出るくらいです。触るとフワフワな中にジャリっとした砂みたいなモノを感じるくらいがベストでしょう。

2.重曹とグリセリンを混ぜたモノの作り方

こちらは食用の重曹とグリセリンに加え、ミントを適量用意します。こちらの場合、使うグリセリンは出来れば薬用の方がいいです。

薬局で買えますが、店頭にない場合は薬剤師の人に確認するとカウンターの中から取り出してくれます。さっきお店を見てきたらグリセリンは100mlで464円でした。 これで十分ですね。

歯磨き粉の作り方はこちらも簡単で、重曹とグリセリンを2対1の割合で混ぜるだけです。グリセリンを加えたら第一印象はかなり普通の歯磨き粉に近づきます。

個人的な意見になりますが、歯磨き粉の作り方でお勧めはコッチですね。(水+重曹タイプより滑らかなで使いやすいので)

あと、世間ではレモンを重曹歯磨きに混ぜると、歯がより白くなるという噂もあります。

が!私としては絶対におすすめしません。理由はレモンは光沢を出して歯を綺麗に見せているだけで、実際はエナメル質を溶かしてしまうリスクの方が高いからです。

重曹歯磨きの磨き方

歯磨き粉が完成したら後は磨くだけです。

重曹による歯磨きの方法

  1. 自作した重曹歯磨き粉を指で取って歯に塗り馴染ませる。
  2. 歯に塗った重曹はそのままの状態で10分程待つ。
  3. 10分経過したら指で円を描くイメージで磨いていきます。
  4. 最後に口を濯ぐいで歯磨き完了です。

※重曹は歯ブラシで塗ってもいいんですけど、そうするとついついゴシゴシ磨きたくなるので非推奨ですね。

歯ブラシ使ってないじゃん!というツッコミがきそうですが、その通りです。重曹は研磨力が段違いなので、歯ブラシは使わないのが基本です。指で優しくスーーーッとするだけでOKなんですね。

※どうしても歯ブラシを使用する場合はやわらかめモノを使って下さい。強く磨くと一瞬で歯が傷ついてしまいます。

重曹歯磨きについて私の見解


ここまで読んでどう思いましたか?

実際にやってみると分かりますが、重曹歯磨きは確かに汚れが落ちます。でも、すごく塩辛いです。塩を口に沢山含んだみたいな、まるで海で溺れて海水を大量に飲んだ時みたいな感じですね。

グリセリンを混ぜたタイプは、グリセリンの甘みがかすかにしますが、それは最初だけですぐに塩辛く感じるので長い時間付けるのはツライなーといった感じです。

そういうわけで、私としては正直おすすめはできないかな~という感想を持ちました。

だったらまだ>>バナナの皮で歯を白くする方法<<>>ココナッツオイルうがい<<あたりを試した方が賢明かなーと思います。

シェアをお願いします。