1. ホーム
  2. 歯のコラム
  3. ≫どうして歯は黄色くなってしまうのか?

どうして歯は黄色くなってしまうのか?

ほとんどの人は真っ白で綺麗な歯の状態で生まれてきます。

ところが年齢を重ねるにつれ歯の白さは段々と失われていき、大人になる頃には多くの人の歯が茶色や黄色っぽく変色してしまいます。

どうして歯って黄色になっちゃうんでしょうか?不思議ですよね。ここでは歯が黄色くなってしまう6つの原因を説明します。

歯を黄色くしてしまう6つの原因

1.加齢による変色

実は歯は何もしなくても年を取ると自然と黄色っぽくなっていきます。その理由は歯の構造にあります。

歯の色は一見白く見えますが、目をこらしてよーく見ると少し黄色みを帯びています。

これは歯の一番外側のエナメル質(白い層)の下にある象牙質(黄色い層)が透けて見えているからです。

この象牙質(黄色い層)は歳を取ると厚くなっていくのですが、エナメル質(白い層)は加齢と共にドンドン薄くなっていきます。

そのため、いくらしっかり歯磨きをやっても人間の歯は年をとるとドンドン黄色っぽくなっていくわけです。

2.歯を黄色にしやすいものばかり口にする

歯が黄色くなる理由で一番多いのがコレです。

コーヒーやタバコみたいな歯のエナメル質に着色しやすい嗜好品は当然歯を汚しますし、歯を黄色にしやすい食べ物ばかり口にしていれば嫌が応にも歯は黄ばんでいきます。

歯の着色を促進してしまう食べ物についてはこちら↓でまとめたので心当たりがある人は参考にしてみて下さい。

3.歯磨きが不十分で汚れを落とせてない

歯磨きが不十分だと口内の食べカスを温床にしてプラーク(歯垢)が発生してしまいます。

プラークはそのまま放置すると固まって歯石に成長し、歯が黄ばんで汚く見える元凶になってしまいます。

それでもまだ放置すれば最終的には歯が黒く見えるレベルまで行ってしまいます。

歯磨きは子どもの頃からの習慣がモノをいうので、一朝一夕では中々身に付きません。面倒臭がらずきちんと毎日欠かさず行いたいですね。

4.研磨剤入り歯磨き粉の過度な使用

これは超有名ですね。研磨剤を大量に入れた歯磨き粉で歯を磨くと一時的に歯は白くなります。

でもそれは歯の表面(エナメル質)をゴリゴリ削って下の綺麗な層を出しているだけで、やればやるほど歯は傷だらけになってかえって汚れが付着しやすくなります。

研磨剤入り歯磨き粉は鼻パックと似ています。 鼻パックは一時的に毛穴の汚れは取れますが、使った後は毛穴が広がってかえって汚れが溜まりやすくなりますよね。研磨剤のリスクはそれと全く同じです。

また、エナメル質が削れると象牙質が出てくるので知覚過敏も起こしやすくもなって健康的な面でも被害は甚大です。

試しに、あなたが今使っている歯磨き粉のパッケージ裏の成分を見てみてください。下記成分が沢山入っているものは・・・使用中止を検討したほうがいいかもしれませんね(汗)

メジャーな研磨剤一覧

  • リン酸水素カルシウム
  • リン酸水素ナトリウム
  • 炭酸カルシウム
  • 水酸化アルミニウム
  • 無水ケイ酸

研磨剤を大量に入れた歯磨き粉の危険性は今でこそ認知されるようになりましたが、未だに気付かず使っている人は少なくありません。

そして、世間の評判がよくCMもバンバン流している売れ筋商品ほど、研磨剤はたっぷり配合している傾向があります。

それが一体何を意味するか?については、よく考える必要がありますね。

※実は歯に良いとされるフッ素でも個人判断で量を誤って大量に与えた場合は歯が黒ずんでしまケースがあります。フッ素を試したい方はくれぐれも個人でやらず、歯科医院で監修の元でやるようにしてみて下さい。

5.詰め物や虫歯による変色

虫歯になった歯が黒く変色するのは誰でも知っていますが、実は治療した歯でも変色することをご存じですか?

それが詰め物や被せものの変色です。鉄は日光や雨風に晒されると段々サビてきますが、原理はそれと同じです。

詰め物や被せものは人工物なのでどうしても時間の経過と共に色が変色する経年劣化が避けられません。

また、虫歯治療で神経を抜き取ってしまった歯は内側から徐々に黒くなっていくので、これも時間が経つとだんだん変色していくのは避けられません。

こういう事態を避けるためには歯医者にお世話にならない(虫歯にならない) ことが一番です。その為にも常日頃から歯磨きはきちんとやっておきたいですね。

6.薬品による歯への着色

歯が黄色になってしまう原因はお口の問題だけに留まりません。薬品のせいで歯が黄色になってしまう事例も世間には少なからずあります。

例えば胎児期~幼児期に抗生物質テトラサイクリンを投与された子どもは歯が茶色やグレーに変色して横縞模様が出ることがあります。

大人であってもポピドンヨードやクロールヘキシジンといったうがい薬や内服薬を飲み続けていると歯が着色してしまうことがあります。

これらはほとんどの人には関係ありませんが、もし心当たりがある人は薬を服用した後はしっかり口を水でゆすぐようにしてみて下さい。

歯は油断するとすぐ汚くなってしまう

以上、6つが歯が黄色になってしまう主な原因です。

歯を黄色くさせてしまう原因

  1. 加齢による変色
  2. 歯を黄色にしやすものばかり食べる
  3. 歯磨きが不十分
  4. 研磨剤入り歯磨き粉の過度な使用
  5. 詰め物や虫歯の変色
  6. 薬品による着色

歯を汚す食べ物ばかり食べていたり、歯磨きをサボっていたりすると歯が黄色くなってしまうのは、まぁ納得できます。

でも、一度治療した歯がだんだん変色していったり、ましてや年を取るとそれだけで歯の色が変わっていくっていうのは聞いただけでゾッとしてしまいますよね。

それを少しでも防いで歯を白く綺麗にするために、できることから毎日コツコツやりたいものですね。

歯を白くする方法についてはこちらのページ↓で詳しく書いたので参考にしてみて下さい。

シェアをお願いします。