1. ホーム
  2. 歯のコラム
  3. ≫歯に付着した茶渋の落とし方

歯に付着した茶渋の落とし方

毎日きちんと歯磨きをしているつもりなのにどうして歯に茶渋がついてしまうのか?

ひょっとしたら茶渋が歯につく原因は身近にあるのではないでしょうか。ここでは付いてしまった茶渋を落とす方法を2つ紹介します。

茶渋で歯が黄ばむ3つの原因

1.紅茶の茶渋で歯が黄ばむ

紅茶には歯の着色や渋みの原因となる成分であるカフェイン・タンニンが含まれています。

紅茶を飲むことによりカフェインと担任を摂取することになるので、これらの成分が唾液の中に含まれるカルシウムといった金属イオンと結合してしまいます。

その結果歯の表面を覆う膜であるペリクル層に付着して残留するので歯の黄ばみ、ステインの要因となります。

タンニンは紅茶以外にも緑茶にも含まれていますが、含有量としては紅茶が一番多いので飲む時には注意して下さい。

あとカフェインについてはコーヒーに含まれていることが知られています。イメージとしてはコーヒーの方が色素が濃いから黄ばみ、ステインの原因になってしまいそうですが、実際のところはコーヒーよりも紅茶の方が着色しやすいと言えます。

だから紅茶を好んで飲む人、長い期間飲んでいる人は歯の着色汚れが目立ってしまいます。

2.緑茶の茶渋で歯が黄ばむ

緑茶には紅茶と同じく色素、渋みの原因となるタンニンが含まれています。だから緑茶を飲むことで歯の表面にタンニンが付着しそれが残留することにより歯が黄ばんでしまいます。

緑茶、紅茶、ウーロン茶の3つの中なら緑茶はタンニンが最も少ないと言えます。お茶の中でタンニンが少ない飲み物を選ぶとほうじ茶、麦茶、ソバ茶を挙げることが出来ます。

3.ウーロン茶の茶渋で歯が黄ばむ

ウーロン茶にも先ほど説明したお茶と同じく色素、渋みの原因となるタンニンが含まれています。だからウーロン茶を飲むことで歯にタンニンが付着し磨き残しがあると残留して歯が黄ばんでしまいます。

ちなみにペットボトルに入ったウーロン茶と比較して茶葉から淹れたお茶の方が色素が濃いので茶渋は付きやすいと言えます。

茶渋が付きやすい歯の特徴とは

1.きちんと磨けていない歯

歯磨きが雑でしっかりと磨けていない人の歯には茶渋、着色が付きやすいと言えます。中でも歯と歯茎の間に茶渋や着色が目立ちます。

例を挙げると1日1回しか歯磨きをしない、食事をしてすぐに歯磨きをしないことにプラスして歯と歯の間をきちんと磨けていない人は茶渋がついてしまいます。

磨けばいいといった感じではなく5分から10分程の時間をかけてじっくりと1本1本歯を磨くイメージで歯磨きをしましょう。

あまり力は入れずに歯ブラシが軽く歯に当てる感じで磨いて下さい。

強く擦ることで歯に細かい傷がつき、その傷から着色汚れが入ってしまいステインや茶渋が付いてしまうので気をつけましょう。

2.エナメル質が薄い歯

欧米人と比較して日本人は生まれつき歯のエナメル質が薄い傾向にあります。あと加齢と共にエナメル質が擦り減ってしまうからより薄くなっていきます。

着色汚れ以外にも、無色透明のエナメル質を透過し、象牙質の黄ばみが見えてしまうのです。その事でさらに歯が黄色に見えてしまいます。

あとエナメル質に細かい凸凹、傷が付いてしまうと、その凹凸や傷から飲食物の色素、カスが入り込んで歯が汚くなってしまいます。

当然傷は多い程色素汚れは沈着しやすいと言えます。

3.色が付いた食べ物や飲み物をよく摂取する人の歯

飲食物の中には色が付きやすいモノと色はつかないモノとがあります。

例を挙げるとこれから紹介する飲食物を沢山摂取すると歯に茶渋や着色が付きやすくなるから注意が必要です。

3-1、緑茶、紅茶、ウーロン茶といったお茶類

既に説明した様に緑茶、紅茶、ウーロン茶などはコップ、急須に茶渋が付いてしまいます。それはタンニンが含まれているからで、これらのお茶を継続して飲むことにより歯にも茶渋が付いてしまいます。

タンニンとは渋み成分の一種で一度歯面に付着すると歯磨きだけでは落とすことが出来ない頑固な汚れとなってしまいます。

3-2、コーヒー

コーヒー独特の香りと苦みの元と言えるのがクロロゲン酸と呼ばれるポリフェノールの一種で、動脈硬化、糖尿病の予防が出来るといった利点もありますが色素着色しやすいといった欠点もあると言えます。

だからコーヒーを毎日飲む人には茶渋が付きやすいと言えます。

3-3、赤ワイン

赤ワインにはポリフェノールが含まれていて、ポリフェノールはアンチエイジング効果があり健康にも美容にもいいと言われています。ですが歯には着色の原因となるタンニンが含まれているので歯の為を思うなら飲まない方がいいと言えます。

さらにアルコールが含まれているので表面のエナメル質が溶けやすく、エナメル質の下の黄ばんだ象牙質が透けてしまいます。

3-4、チョコレート

チョコレートに含まれるカカオマスポリフェノールは汚れを付着する作用があります。

ポリフェノールには抗酸化作用があり、アンチエイジング効果が期待できるのでお勧めですが食べ過ぎると歯の黄ばみの原因となってしまいます。

3-5、カレー

あまり気にしないで食べている人が多いと言えますが、カレーにも着色しやすい成分が含まれています。

その原因はカレーに含まれるウコンで、天然の着色料として代表的な成分です。

カレーの黄色はウコンが含まれているからで、食べた後にすぐ歯磨きをしたら着色を防ぐことが出来ますが時間が経過すると茶渋が付いてしまいます。

他にも着色料が含まれているお菓子、ジュースなどや色素の濃い調味料の醤油、ソース、ケチャップも茶渋の原因と言えます。

歯の茶渋をキレイに落とす方法は

1.PMTC

1度茶渋が付くと家で歯磨きをするだけではキレイに落とすことは不可能です。茶渋、タバコのヤニといった着色を落とす方法として歯のPMTCが挙げられます。

PMTCというのはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの頭文字で歯医者の器械とフッ素が含まれた研磨ジェルによって歯を磨く方法のことです。

歯の表以外にも歯茎の間(大体1㎜から3㎜程の深さ)や歯間のプラークを除去することが可能です。

施術後は茶渋、ヤニといった着色がキレイになるだけではなく表面にプラークが付着しにくくなるといったメリットがあります。

糖尿病の人は歯周病に悪い影響が出るリスクがあるから月に1度PMTCが保険適用になりますが、医院により対応が違うので通っている歯医者で確認して下さい。

保険が適用されれば2500円から3000円くらいで治療することが出来、保険が適用されず自費なら5000円から20000円くらいかかります。

2.ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは歯医者で歯型を取りマウスピースを作成して、処方された薬剤を使用して自宅で行うホワイトニング方法のことです。

薬剤をマウスピースに入れることで、マウスピースを一定時間付けると歯が白くなります。

この薬剤の濃度については歯医者により扱いが違うので時間をかけてホワイトニングすることが出来ます。

そんなホームホワイトニングの費用の相場としては大体40000円くらいと言えます。あと定期的に薬剤を購入すると薬剤が2週間分で5000円から10000円程と言えます。

3.オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは歯医者で薬剤を歯に塗って光を当てるホワイトニング方法です。

短期間で効果を実感することが出来、即効性があるので早く歯を白くすることが可能ですが、1度すればいいといった類のモノではなく定期的に施術をする必要があります。

オフィスホワイトニングの費用の相場は大体50000円くらいと言えます。

歯に付着した茶渋を放置すると

歯の汚れは大きく分けると数種類存在します。その中でも着色汚れなら茶渋をそのまま放置すれば見た目が汚くなるだけです。

ですが着色汚れが歯垢、歯石が原因の場合は放置すると虫歯、歯周病の原因となります。

あと着色汚れと思って放置したら既に虫歯ができていて進行してしまい歯が黒ずんでしまったなんてケースもあります。その場合は放置して治療をしないと膿が出たり痛みが酷くなる可能性があります。

どちらにしても素人が判断することは出来ません。ただの茶渋だと思ったら虫歯という事もあります。だから不安に感じた場合は出来るだけ早く歯医者に診てもらうことをお勧めします。

茶渋、ステインが歯に蓄積される要因はお茶、緑茶、ウーロン茶を毎日飲んでいるからという可能性もあります。お茶、コーヒーはコンビニ、スーパー、自販機とどこでも購入することが出来気軽に摂取できる飲料です。

少しずつ摂取することで歯が黄ばんでしまったという事もありえます。

歯の茶渋に関するよくある質問

歯の茶渋の取り方って?

歯の茶渋の対策について、上では「PTMC」「オフィスホワイトニング」「ホームホワイトニング」の四つを上げましたが、ちょっとハードルが高いですよね。そこで、自宅でできる茶渋の取り方としてはともかく早めの歯磨きが挙げられます。これは厳密には茶渋を取るというより茶渋を歯に留めない方法、ですが、歯磨きはオーラルケアの基礎にして最大の対策なので、茶渋を考えるなら歯磨きはなるべく早くやりたいところです。

歯の茶渋は重曹で落とせない?

これは私自身が一度やったことがありますが、正直落ちたような落ちてないような何とも言えない感じでした。1回だけでなく、5回、10回と根気よく継続して繰り返しやればまた結果は違ってくるのかもしれませんが、重曹歯磨きは濃度を間違えたりやりすぎたりすると逆に歯のエナメル質をボロボロにしてしまう可能性もあるので、個人的にはおすすめしません。

歯の茶渋におすすめの歯磨き粉はどれ?

(現在修正中です。しばらくお待ちください・・・)

歯の茶渋を消しゴムで落とすのはダメ?

茶渋に対して歯の消しゴムを使えば確かに茶渋は落とせるかもしれません。でも、歯の消しゴムの仕組みは、ゴムが歯の表面を物理的に削り取って無理やり白い部分を出しているだけです。上手いこと茶渋だけを削り取れれば良いのですが、茶渋は歯に染み込んでいるので、茶渋だけを消しゴムで消すというのは原理的にありえないそうです。歯の消しゴムは使えば使うほど歯を傷付けてしまうので、絶対に使わないほうがいいと思います!

シェアをお願いします。