1. ホーム
  2. 歯のコラム
  3. ≫赤ワインによる歯や唇の着色を取る方法

赤ワインによる歯や唇の着色を取る方法

ポリフェノールが豊富に含まれていることでも知られる赤ワイン。アンチエイジング、美肌、腸内環境を整えるといった健康・美容効果で日常的に飲んでる人も多いんじゃないでしょうか。

でも、赤ワインには副作用として歯、歯肉への色素沈着があることも理解しておく必要があります。

  • 「赤ワインを飲むと歯が黒くなってしまう」
  • 「歯だけではなく赤ワインで唇まで黒くなった」

赤ワインを飲んだ後に唇、舌などが赤紫色になったという経験がある人も少なくないでしょう。自宅でプラスチック製のコップなどで赤ワインを飲んだ場合はコップの内側も紫色になってしまいます。

それは赤ワインの色素が原因で起こる沈着です。

一般的に赤ワインを沢山飲むと歯、歯肉がその色素により着色してしまうと言われていています。どうして赤ワインは色素沈着しやすいのか?着色を防ぐ方法について説明していきます。

赤ワインが原因で起こる色素沈着とは

ポリフェノール(タンニン)による着色

歯科業界においては赤ワインは着色性食品に分類されます。これは要するに着色が起きる食品と言い換えることが出来ます。

赤ワインにはコーヒー、紅茶と同様にタンニンと呼ばれるポリフェノールの一種が多く含まれています。このワインに含まれるタンニンは渋といわれる成分で別名ワイン渋とも言われています。

ポリフェノールは色素沈着が出やすい物質であることは近年では多くの人に知られるようになってきました。

ポリフェノールは歯の表面部分を構成する再石灰化にも使用されますが、その時に歯のエナメル質に含まれるカルシウムがタンニン(色素成分)とイオン結合をおこすことが分かっています。

そしてイオン結合が起こる為に歯の表面は色素が沈着してしまうのです。

さらに赤ワインのタンニン色素はコーヒー、紅茶と比較すると赤茶色いので、より一層目立つ着色となり黒っぽく見えてしまいます。

赤い色素アントシアニンの作用とは

ポリフェノール(タンニン)の他にも赤ワインの赤い色はアントシアニンと呼ばれる色素成分が含まれています。

アントシアニンは果物が成熟して色づく時の色素で赤、青、紫といった色を発色する水溶性の色素と言えます。ちなみにアントシアニンもポリフェノールの一種でいろいろな健康効果がある成分として知られています。普通に食品の着色料として使われている成分といえますがタンニンと同じく歯への着色の原因と言えます。

子供の頃に鮮やかな色のキャンディ、ジュースを食べたり飲んだりすると舌に色がついた思い出があるでしょう。それは着色料に使われているアントシアニンの色が皮膚粘膜に付いた結果です。

ワインの場合は香りを楽しむ為に口の中で転がす人が多いから色素沈着が他のドリンクと比較して進行しやすいと言えます。

赤ワインに含まれるアントシアニンは赤、紫系の色がつきますが継続して飲むことで硬組織の歯、粘膜の歯肉、舌、唇に着色が沈着することで黒っぽく見えてしまいます。

白ワインでも歯の着色・黄ばみは起こる!

白ワインなら色が付いていないので着色の心配はないといった声を耳にしたことがあります。確かに白ワインは赤、紫といった色がついていませんが、実は着色成分の有無ではなくてその性質に問題があるのです。

白ワインには赤ワインと異なる理由で着色の沈着を促す作用があります。

知らない人も多いかもしれませんが白ワインは赤ワインと比較して酸性度が高い飲料と言えます。ワインの酸性度は品種、製法、商品により違うので具体的な比較は難しいのですがワイン全体で2.9~3.6 pHくらいと言われています。

基本としてワインは酸性の飲料ではないのですが酸性度の高い方に白ワイン、低い方に赤ワインがあるのです。酸性度が高い飲み物を継続して飲むことで口腔内のエナメル質が脱灰して溶けてしまいます。

表面が荒れた状態のエナメル質は色素成分が滞留しやすいので色素の沈着を引き起こす原因となります。

炭酸飲料、ビールの場合

子供の頃に「炭酸飲料を飲むと歯が溶けるから飲んでは駄目」と親から言われたという人もいるのではないでしょうか?

実は炭酸飲料が歯を溶かすというのは迷信ではなく事実です。そして糖類が含まれていない炭酸飲料であっても同じく歯が溶けてしまうんです。

白ワインの例と同様に炭酸水にも酸が含まれているからエナメル質が浸食されてしまいます。

炭酸飲料を飲むと歯が溶けるのは糖分が原因ではありません。だからビール、ホッピー、ソーダ割り飲料も全部歯が溶ける原因となります。

歯のエナメル質は、ph5.5を下回った場合は溶け出すと言われています。炭酸飲料のph値は2.7~3.4のモノが大半なので強い酸が歯に悪い影響を与えるので注意が必要です。

あと市販の飲み物の70%以上が酸性の飲料と言えます。

ph値が高いので歯を溶かす原因にならない飲料には牛乳、緑茶、麦茶(全てph値6.5以上)を挙げることが出来ます。

ビールの歯への浸食を予防する方法

既に説明した様に炭酸飲料は口内を酸性にするので歯を溶かしてしまいます。

歯への影響を抑えるには食後にきちんと歯磨きをすることが重要です。あとビールを飲んだ後に手軽に出来る方法としてシュガーレスガムを噛むことをお勧めします。

唾液が多く出ると虫歯になりにくくなりますし、ホワイトニングにもいい影響を与えてくれます。

口内のph値が中和され中性に近くなることでエナメル質が溶けにくくなります。

ガムには唾液の分泌を促進する作用があります。他にもお酒を飲んだ後で口をゆすぐとさらに効果が高まります。

お酒を飲んだ時には最後に水を一杯飲むだけでも違ってきます。

ワインによる歯の着色と酸蝕歯を予防する方法

現在は日本人の4人に1人が虫歯でないのに歯が溶けている酸蝕歯と呼ばれる状態です。

酸蝕歯はワイン、炭酸飲料、柑橘(かんきつ)類などの酸性度の高い飲み物をよく飲む人に見られる症状と言えます。

ひと昔前は1日に100種類以上ものワインのテイスティングをするソムリエ、お酢を口にする機会が多い寿司職人くらいしか酸蝕歯の人はいませんでした。

でも、今は本当に多いみたいで、その原因の一つが赤ワイン、というわけです。

赤ワインは健康、美容効果が高いので、出来れば着色を気にしないで飲みたい飲料です。だから着色の正しい予防法を理解して沈着対策を万全にした上で飲むようにしたいですね。

ただ、一番は効果的な予防方法は「正しい歯磨き」と言えます。ワインを飲んだ後は色素沈着を予防する為に出来るだけ早く歯磨きをすることをお勧めします。

シェアをお願いします。