1. ホーム
  2. 歯のコラム
  3. ≫コーヒーを飲んだら歯磨きは欠かせない

コーヒーを飲んだら歯磨きは欠かせない

歯を黄色くしてしまう悪習慣って沢山ありますけど、一番悪い習慣って何でしょうか?

私はコーヒーを飲んだ後、歯磨きしないでそのまま寝てしまうことだと思います。

徹夜でホントにキツい時とかって結構あるんですよね……コーヒー飲んで歯も磨かず寝ちゃうパターン。あと、急いでる朝にコーヒーを飲んでそのま歯を磨かずま出勤する、っていうのも同様にNGですね。

無糖のブラックコーヒーなら歯に悪い砂糖やミルクも無いから「ちょっとくらい歯磨きをサボってもいいんじゃない?」と思いがちですが、そんなことはありません。

歯を磨いた後にコーヒーを飲んだり、コーヒーを飲んだ後に歯を磨かないのはホワイトニングという観点では最悪です。

なぜ最悪なのか? それは歯の構造を理解すると分かりやすいです。

歯を知ればコーヒーが良くない理由が分かる

歯は内側から象牙質・エナメル質となっているんですけど、そのエナメル質の外側にはぺクリルという薄~い膜があります。図にするとこんな感じ↓です

ぺクリルとは歯を保護する薄い膜で、コーヒーのような色の強いものを口にすると汚れが付着します。ぺクリルに付着した汚れは長時間放置すると奥深くに浸透し、エナメル質にまで染み込んでしまうんです。

一度でもエナメル質にコーヒー汚れが染み込んでしまったら、さぁ大変。汚れはエナメル質と同化して着色してしまうので、綺麗に落とすのに大変苦労します。

こうなると、いくらホワイトニング効果の優れている歯磨き粉で頑張ってもどうしようもないことが多々あるんですよね。これを防ぐには、ぺクリルにコーヒーの汚れが着色しないよう、速やかに歯を磨くことが大事です。

さて、染み込んだコーヒーの着色問題はこれだけで終わりません。そのまま放置すると2つの意味で問題が置きます。

時間が経つとコーヒーの汚れは黒い歯石になる

1つ目の問題として、コーヒーによる歯の汚れは放置すると次第に黒っぽい歯石に変化してしまい、歯が黄色を通り越して茶色に見えたり黒ずんでしまいます。

2つ目の問題は、一度でも歯がコーヒーによる着色を経験してしまうと、それ以降も着色しやすくなってしまうという点です。

よくスポーツか何かで一度肩を脱臼すると癖がついて脱臼しやすくなる、なんて話がありますよね。あれと同じです。

歯垢や歯石であれば、まだ歯の表面上の問題だけで済むのでマシですが、歯の奥深くにまで染み込んでしまった着色はそう簡単にはいきません。

この問題はコーヒーだけでなく、ブルーベリーやワインといった色が濃い&ポリフェノールが豊富な食べ物なら全てで発生するものですのでご注意下さい。

コーヒーとタバコで歯が黄色になってしまった人の声

さて、コーヒーによる歯の汚れについては、そのリスクを聞かされても中々自分事として受け止められないっていう人もいると思います。

そこで、ここではコーヒーとタバコのせいで大後悔した私の知人の方の体験談をご紹介します。こういうリアルな声を聞くと他人事とは思えませんね。。。


E・Mさん 50代
宮城県 専業主婦

私は現在50歳の女性です。愛煙家です。

タバコは二十歳の時から吸い続けて一日一箱いってしまいます。

歯のほうは子供の頃からそれほど真っ白ではありませんでした。いわゆる象牙色という感じで薄いクリーム色です。

自分ではそれが普通なのでそれほど気にした事はありませんでしたが、歳とともに何となく「こんなに歯黄色かったっけ?」ということが増えてきました。

なんだか以前より歯が暗い黄色になった気がするのです。

歯の黄ばみに気付いた

決定的だったのは掃除中に三十代の頃の口を開けて笑っている自分の写真が出てきたときです。それを見ると歯は白くて綺麗に光っているのです。

やっぱり気のせいじゃなかった、と愕然としてしまいました。原因としてはタバコ、それとコーヒーが浮かびました。

私は大のコーヒー党でコーヒーを水がわりに飲むほどです。タバコとコーヒーの相性も良いので尚更なのです。

何十年も続けてきたことですから、今更スッパリと辞められません。

試しに薬局で歯を白くする歯磨き粉を使ってみましたが、それほど効果は感じられませんでした。

確かに使った後は歯の輝く感じがあるのですが、白くはなりませんでしたね。

高い物を買っても効果が無いので最近はもっぱら一番安いステインを付きにくくするものを使っています。ただの気休めですが「無いよりマシ」、と自分に言い聞かせています。

歯が黄色いせいで歯医者に行く苦痛

一番嫌なのは歯科にかかる時です。

数年前に家の近所の歯科に行くことにしました。前歯の間の詰物がとれてしまいみっともないので治してもらうためです。

治療最初の日に先生に「これはしばらく掃除していないでしょう」と言われてしまいました。

それで、まず掃除からと歯科にある専用の機械で磨いてもらいました。

それでも私の歯はたいして綺麗にならないので、先生はやっとその歯の色が私の本来の歯の色だと分かってくれたみたいです。

それで気を取り直して治療してくれた時も歯の詰物の色を合わせなければならないのですが、「これは…〇〇番の色だなあ」と暗いトーンで言いました。

〇〇番が何番だったかは失念しましたが、先生の声のトーンからおそらく黄色いほうの色味なことは伝わりました。

恥ずかしいというか、みっともないというか、、、、、、50もとうに超えた自分が歯でこんなに苦労するだなんて、悔しさと惨めで情けない気持になりました。

その後も歯周病の治療のためその歯科のお世話になっていますが三ヶ月に一度歯石をとってもらい、やはり機械のブラシで磨いてもらっても中々歯は白くなりません。

歯を漂白するものを買ってみようかとか考えないでもないですが、効果が出なかったらと思うと二の足を踏んでしまいます。

ネットで調べて重曹で磨くと白くなると知り重曹を買いましたが、その後すぐにそれは歯のエナメル質を溶かすので歯を弱くするとあり、怖くなってやめました。

高いお金を払って審美治療でもしなければ白くならないのかもしれません。

そんな悶々とした気持ちを抱えながら、ついつい今日も他人の口元(歯の白さ)を確かめてしまう私なのでした。

市販の歯磨き粉ではコーヒーの着色は消せない

EMさんの体験談を読んで貴方はどう思ったでしょうか? 中には「私はコーヒー飲んだらすぐ歯磨きしてるから大丈夫」と、他人事のように思ってる人もいることでしょう。

しかし、ここで残念な話なのですが、コーヒーによる汚れを綺麗に落とすのは実はとても難しいんです。

なぜなら普通の市販の歯磨き粉ではエナメル質はおろかペクリルに染みこんだ汚れすら落とすのは困難だからです。

こう書くと「いやいや、自分はコーヒーを飲んでるけど、歯は白い(着色してない)から汚れは落とせてるはず」

こんな声が聞こえてきそうですが、それは汚れを落としているというより、歯磨き粉に含まれる研磨剤がぺクリルごとコーヒーの汚れを削り取っているといった方が正確だそうです。

幸いにもぺクリルはエナメル質と違って1日程度置けば復元するので、歯磨きでちょっと削れる程度なら問題ないように思うかもしれません。

でも、ぺクリルは虫歯菌を始めとした各種雑菌から歯を守るバリアみたいな役割があるので、ぺクリルが無い間、歯は完全に無防備な状態となります。

例えば……

  • 着色汚れは無いけど、定期的に知覚過敏が起こる
  • 毎日しっかり歯磨きしているのに、どういうわけか虫歯が絶えない

↑こんな悩みを抱えている人は、市販の歯磨き粉の研磨剤でぺクリルを削り過ぎている可能性が大です。歯磨き粉を見直してみてはいかがでしょうか。

ホワイトニング歯磨き粉のすすめ

じゃあどうすればいいのか?っていう話ですけど、私が良いと思うのはペクリルは削り取らず、ペクリルに浸透した汚れだけを分解してくれるホワイトニング歯磨き粉 です。

この手のホワイトニング歯磨き粉は審美歯の意識が高い人だけを対象としているので一般的な小売店では流通しておらず、かつ値段も高めです。

でも、その効果は専門家も太鼓判を押すほど。

私はここ数年激務(ブラック…)でコーヒーに頼る日が多いのですが、それだけに効果をひしひしと感じています。

たった2~3日くらいでもホワイトニング歯磨き粉を使わない日があると、あっという間に歯が黄色っぽくなってしまうことからも、その効果の凄さは伺えます。

現在私が愛用しているはははのはやプレミアムブラントゥースについては説明しだしたら長くなっちゃうので個別ページを作りました。興味のある人は参考にしてみて下さい。

ちなみに、私はコーヒーによる着色を少しでも防ぐために、こういう風に↓ストローで飲んだり、誰にも見られてない時は前歯を舐めたりしてます(笑)

シェアをお願いします。