歯が黄色いことに悩んでいました


こんにちは。このサイトを運営している歯が黄色で悩んでたY・Aといいます。生まれも育ちも埼玉の生粋の埼玉県民です。

一時は他県にも引っ越したりもしましたが、今は地元に戻ってきて某所にあるサロンで働いているアラサー女子です。

趣味は美容全般(特にデトックス)で、好きなブランドはTitivate。2016年からは親友に誘われてボルダリングも始めたところです。

さて、自己紹介はこのくらいにしておいて、私が自身の歯にコンプレックスを持つようになったのは小学校の「卒業アルバム」が配られた時からでした。

当時の私は休憩時間も放課後も外で走り回って遊ぶ女子にしては活発なタイプ。

自分の容姿についてあまり意識したことがありませんでした(良くいえば無邪気、悪く言えば無頓着)。それで卒業アルバムの写真撮影も満面の笑みで撮ったのですが、それが問題でした。

卒業式の数日前にアルバムが配られるとそこには満面の笑みで黄色い歯をニカ~っと出している私の姿が・・・

すぐに男子がこれを見つけてそのことで私をからかってきました。

その場ですぐに親友だったKちゃんが「そんなことない!○○(男子の名前)の方が汚い!」とフォローしくれたんですけど、写真を見ると私の歯は他の歯を出しているクラスメイトの誰よりも明らかに黄色で擁護するのは無理がありました。

最終的には行き過ぎた男子の行動を見かねた先生が注意してくれてその場は収まりました。でも、卒業式の最中、私はずーっと暗い気持ちで式の内容もどんなものだったかもサッパリ覚えていませんでした。

それ以降、私は人前ではなるべく口を開けないようにして歯磨き粉も山のように使うようになりました。

・・・と、前置きが長くなってしまいました(笑)

このサイトでは歯が黄色いことに長年悩んでいた私が、自分で試して実際に効果があった歯を白くする方法や、使ってみて効果があったグッズなどを紹介します。

TVで聞き齧ったいい加減な情報や似非科学ではなく、実際に当事者として歯の黄ばみで10年以上悩んでいた私がやってみて効果を感じたモノを紹介するのでかなり信憑性は高い・・・はずです(多分) よろしくお願いします

私が実際にやった歯を白くする方法

1.歯を黄色にしてしまう食べ物は避ける

そんなの当たり前じゃん! という突っ込みが早速飛んできそうですけど、歯が黄色くなる食べ物をなるべく避けるのはとっても大事でした。

例えば、カレーライスが歯を黄色くしちゃうのは誰だって知ってますよね。

でもカレー以外にも歯を黄色にする食べ物は山ほどあることを知ってる人は少ないんじゃないでしょうか?

歯を黄色くしてしまう原因となる食べ物 具体例

ワイン・カレー・ブルーベリー・コーヒー・コーラ・醤油類・キムチ・チョコレート類・ココア・レモン・ナッツ・キャンディー

これらは白い歯を黄色く汚す物質(ステイン)を含んだ代表的な食品です。

参考記事 歯を黄色にしてしまう食べ物

我が家では毎週日曜はサザエさんを見ながらカレーと決まってたんですけど、卒業アルバムの件が起きて以来、カレーをシチューに変えてもらいました。

飲み物でいえば仕事中の眠たい時はコーヒーを緑茶にしたり、飲み会の席でもなるべくワインは飲まないようにしています。

また、夏場の暑い時期はいつも家の冷蔵庫にはコーラが常備してあるんですが、私はポカリで我慢してます。

こういう毎日のちょっとした工夫は本当に些細なんですけど、今にして思えば「こういう小さな積み重ねが実は効いてたのかな~」 なんて感じたりします。

というのも、いくら毎日しっかり歯を磨いても生きていくためには毎日食事は摂らないといけないわけで、その度に歯は黄色くなっていきます。

つまり、人間の歯は白くすることを意識しない限り黄ばんでいくのが普通なんです。

そして歯の黄ばみは虫歯と同じく、一度そうなってしまったらあと坂道を転げ落ちるボールのように悪化するのみ。放っておいて改善されることは100%ありません。

だからこそ、日々の生活で歯を黄色くする食べ物はできることなら避けたい、というわけです。

私が口にするものを本格的に気を付け始めたのは20代に入ってからでしたが、それまでは歯が綺麗になるのと汚くなる状態を交互に繰り返しているような感じでした。

でも、食べ物に注意を払うようになってからは本当に少しづつ、亀のようにゆっくりではありますが、歯がだんだん白くなっていったように感じます。

もし、今まで歯の黄ばみ対策で食べ物のことを考えてこなかった人はぜひとも今日から口にするものを意識してみて下さい。

2.歯を白くする専用のマニキュアを塗る

「歯のためのマニキュアなんてあるの!?」とびっくりする人が多いと思いますが、実はあるんですね~・・・

“白くないなら白く塗ってしまえばいい”というのは何とも単純な発想ですが、意外とこれが侮れません。

なんせ物理的に歯を白くするわけですから。即効性という意味では断トツです。使えば『芸能人は歯が命』状態になれます。

文房具の修正液をイメージしてもらえれば、その凄まじさは分かると思います。

こう書くと便利に見えるマニキュアですが、もちろん欠点もあります。(※というか、ぶっちゃけ欠点のほうが目につく……)

  1. ネイルと同じで綺麗に塗るにはかなりの技術がいる。
  2. 作りものっぽい雰囲気がヤバくて恥ずかしい
  3. 根本的な解決策にはなっていない
  4. 歯がすごい痛んで黄ばみやすくなる

自分で使ってみて特に「あちゃー・・・」と感じたのが3と4でした。

これは私の体験談なんですけど、マニキュアを初めて塗って白い歯を手に入れた時、正直嬉しかったです。 不自然さはMAXでも、それまで黄色い歯に散々悩まされていた私にとって白い歯は天に昇るような気持ちでした。

それで「こんな簡単に歯が白くなるなら使わなきゃ損!」と思って、それ以降何日もマニキュアを使い続けたんですけど、そこで気が緩んじゃいました。

それまで毎日しっかりやっていた歯磨きをサボるようになっちゃったんですね。

そしてある日、寝る前にふと歯の色を以前携帯カメラに撮っていたモノと比較したら・・・案の定、歯の黄ばみが進行していました。

結局、歯のマニキュアはその場凌ぎのハリボテでしかありません。それに頼れば頼るほど歯に対するケア意識も低くなっていきます。

そして歯はどんどん汚くなっていくと同時にドンドン痛んでいくのでより一層黄ばみが付きやすくなります。

歯のマニキュアは短時間でどうしても歯を白くしなきゃいけない場合にはピッタリに思えるかもしれませんが、デメリットが余りにも大きすぎるので絶対におススメしません。

ちなみに、歯を白くする消しゴム歯を白くするスポンジは歯の表面を削っているだけなので、歯のマニキュア以上に後が酷いことになります。私の周囲で誰か使おうとしてたら本気で止めさせるレベルです。これを見ているあなたもどうか気を付けて下さい。

参考記事 歯を白くするスポンジ、激落ちくんについて

参考記事 【要注意!】歯を白くする消しゴムについて

3.歯を白くするホワイトニング歯磨き粉を使う

ただの一般人の私ができる歯を白くする方法ではやっぱりこれが一番無難でした。(面白みが無くてスイマセン)

でも、オーラルケアマニア(?)の私に言わせれば「本当にこれはスゴイ!」 と言えるものって今でも片手で数えるほどしか無いと思います。

むしろ最近はホワイトニングを売り文句にした安価な歯磨き粉が粗製乱造されているせいで、本当に良いモノが埋もれているとすら感じます。

世の中のホワイトニング歯磨き粉がどれも効果抜群なら、歯の汚れで悩んでいる人もどんどん減っていくはずですからね。

歯の色が汚くて悩んでいる人が多いっていうことは、これら市販のホワイトニングアイテム効果が無いものが多い、という何よりの証拠ではないでしょうか?

この辺について語りだしたら長くなるので、個別でページを作りました。現在私が「いいなー」と思えるのは「プレミアムブラントゥース」と「はははのは」くらいしか無いのがアレですが、よかったら参考にしてみて下さい

おすすめ出来るホワイトニング系アイテム

黄色い歯は白くできます

ここまで私が実際にやってきた歯を綺麗にする方法・グッズをご紹介してみました。

厳密にはもっと沢山あるんですけど、お金や手間がかかりすぎるもの・費用対効果が悪すぎるものはむしろやらない方がいいと思った意図的に外しました。

興味のある人はこちらのページ↓をご覧ください。

参考記事 【黒歴史】私が過去に試したことのある自力で歯を白くする方法

世の中理不尽なもので、歯が綺麗な人は歯が汚い・黄色というハンデが生きていく上でどれだけ不利に働くかこれっぽっちも共感してくれません。

実は私、過去に何度も勇気を出して何人もの歯がキレイな友人に相談を持ちかけたことがあります。でも、返ってくる返事はいつもこんな感じ↓でした。

友人

毎日しっかり磨けば歯は自然と白くなるよ。もっとしっかり磨いてみたら?

正直、毒にも薬にもならないアドバイスで、ぜんっぜん共感は得られませんでした。その度に歯が黄色で悩んでいる人に対する世間の無理解さに呆れたものです。

今でこそ私は黄色い歯を(自分が納得できるレベルで)白くすることが出来ました。

でも、世の中には歯の色にコンプレックスがあるけど理由が分からず周囲に相談できずに悩んでいる人はまだまだ沢山居ると思うんですよね。

だからこそ、そういう人にとって少しでも役立つ情報を発信できれば・・・と思い当サイトを立ち上げました。

当サイトは至らない点は沢山あると思います。文章が読みづらいこかもしれません。書いてある内容が浅いかもしれません。

でも、私は歯に対する情熱だけは誰にも負けないと自負しています。

このサイトでは今後も精力的に歯を綺麗にするのに役立つ情報を発信していこうと思っていますので、よろしくお願いします!


A・Y